ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

大喰いチャンピオンは科学者

投稿日:

■2021夏 “日本経済の旬”「最新ビジネストレンド」レポート 新発売

・コロナショックから経済は本格回復。もはや史上最高決算の企業も少なくありません
・黒子から主役へ・・・半導体不足で4K企業リストにも続々ランクイン
・本格化するドローン時代の本命企業・・・日本郵便と資本・業務提携
・まったく出口が見えない○○業界
・スマホに参入するライカと○○○○○○、この流れは続くか?

★レポートを買う
“経済の旬を学ぶレポート”「最新ビジネストレンド」

・パワーポイント48シートを武沢が音声解説(46分動画)
・メールで届くPDFファイルと4K企業147社のExcelファイル

お値段は4,620円(税込)。従来価格より4割引きでご提供します。

★ご注文はこちら
⇒ https://ganbare.biz/comon/product/business_trend_213/

大喰いチャンピオンは科学者

※何年か前にもこの記事を書きましたが、大好きな話ですのでまた手を加えて書き直しました。

●ホットドックの早喰い選手権王者、小林尊(たける)。
New Yorkで毎年開かれるホットドッグの早食い選手権は12分間で一番たくさんのホットドッグを食べた人が優勝する。
ドリンクは何杯飲んでも構わないが、大量に吐くと失格になる。

●小林が参加するまでの世界記録は12分間で25.125本だった。
多くの人は「これが人間の限界」だと信じていたようだ。

出場者はいずれも巨漢で、はるばる日本から初参加した小林は小柄で細身。
大会関係者も他の参加者も小林のことを無視した。
「どうせ日本から観光気分でやってきたホットドッグ好きの青年だろ。目立ちたいだけさ」

●だが小林は物見遊山で New York に来るような余裕はなかった。
あくまで賞金稼ぎに来ていたのだ。
日本ではイケメンフードファイターとして有名でも、NYではまったくの無名。
何ヶ月も前から戦略と戦術を練り、練習に練習を重ねて来ていたのだ。

●小林はまず歴代チャンピオンたちの映像を入手した。
彼らは皆、ホットドッグを端から口に押し込んで食べていた。
だれもがホットドッグは端から食べるはずだし、そのことに疑問をもつ者はいまい。

●だが「もっと早く口に入れる方法があるはずだ」と小林は考えた
そして見つけた。
ホットドッグをまず半分に割ってから口に入れれば一気に口に入る
両手がすぐに自由になるので次のホットドッグに手を伸ばし、咀嚼中にそれを割って口元に運んでおける。
これだけで1個につき何秒も短縮できた。

●次に小林はパンとソーセージを別々に食べてみた。
ソーセージは食べやすかったが、パンはモサモサしていた。
そこでパンを水につけてみたらモサモサが解消された。
水の温度も、冷たいものから熱いものまでいろいろ試し、一番早く食べられる水温を見つけだした。
さらには水のなかにいろんなモノを加えてテストした。
不思議なことに植物油を数滴混ぜることで咀嚼に要する時間が短縮できることも分かった。

●小林はこうした試行錯誤とトレーニングのすべてを録画し、ノートにデータをとり、毎回違うやり方を試していった。
全速力で一気に食べるのが早いか、ピッチ走法のようにペース配分を守るのが早いのか、ラストスパートはすべきかすべきでないかなども実際に試して答えを見つけていった。

●咀嚼のピッチや方法、飲み込んで胃袋に送りこむタイミング、食べたものが胃に収まりやすいよう腰を揺らす方法など、ひとつずつ丁寧に検証していった。
巨漢たちの競技、大喰いたちの競技であるホットドッグ選手権に参加する者で小林のような科学的アプローチをする人間はいなかった。

●いよいよ大会本番が始まった。
人間の限界と思われる12分間で25.125本という記録を破れるのか?
そして破るのは誰か?

2分、3分・・・。観衆は日本から来た青年のハイペースぶりに驚いた。

飛ばしすぎだと思われたが、一向にペースが落ちない。
そして遂に12分間食べ続けた小林に拍手喝采が起きた。
とんでもない記録が出ていた。

小林が食べたのは50本!

●限界と思われていた数字の倍近くを細身の小林が食べきったのだ
勝者を無条件にたたえる New York っ子といえどもこの勝ちっぷりのすごさに疑いをもったようだ。

「手術で胃を広げている」「第二の胃を移植した」

あり得ないデマが飛び交った。
だが、小林の練習法などが漏れ伝わると、デマは賞賛に変わっていった。

小林は言う。
「本当に大事なのは、目の前の食べ物にいかに取り組むかなんです

●賞金稼ぎに本気なら、巨漢になるか科学者になるかを決める必要がある。
それにしても小林のような参謀が企業に欲しい。

※『失敗の科学』(マシュー・サイド著)より

-その他

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _