ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

DXをなめてはいけない

投稿日:

DXをなめてはいけない

●「武沢さんはデジタルがお強いですね」、「失礼ながら武沢さんの年齢でYouTubeやZoomを使いこなしてらっしゃる方は珍しい」などと言われる。
昨日もZoom会議でそう言われた。
デジタルなんて車の運転と同じで操作さえ学べば誰でも使いこなせるものだと私は思っている。

●「文系だったので、理数系とか機械系が苦手なんです」という人もいる。
実は私もそのひとりで典型的な文系だったので、メカは苦手だ。
ちょっとした配線接続でも自分ではできないので人任せにしている
だが、デジタルは仕事の生産性がグーンとあがるので、仕事の一部だから進んで学びたいと思う。
メカや配線はそう思わないので逃げてきたし、これからも逃げるだろう。

●日本は電子政府をめざし、行政の電子化率では世界の先端を走ろうと「デジタル庁」を創設した。
私は企業にも「デジタル部」か「DX部」をつくってほしいと思っている。
DXはデジタルトランスフォーメーションのことで、デジタル化を意味する。
今後、あらゆる産業がデジタル化されていく。

●インターネットが25年前に出現してからは社会が一気にデジタル化した。
今後はクラウドの充実と5G回線が、もう一段上のステージに我々を押し上げてくれる。
デジタル化が加速し、新幹線レベルからジェット機レベルになる。
いずれはロケットレベルになるだろう。

●一昨日、Amazon傘下のZOOX(ズークス)がサンフランシスコの公道で無人タクシーの走行デモを行った。
運転手も運転席もない無人のタクシーに人が乗り込み、スマホで目的地をセットすると滑らかに車が走り出す。
最高時速120キロまで出せるが、法定速度はきちんと守る。
目的地につくとスマホで決済する。
AmazonだけでなくGoogleも同様のサービスを一部地域で始めている。
有人のタクシーやUberなどのシェアライド各社は戦々恐々だろう。

●先日公開されたNRI(野村総研)の「未来年表2021年版」の冒頭コラムが面白い。
DXが社会全体を覆い尽くしていく様がわかる。

★NRI未来年表 (ダウンロードしてお読みください)
https://www.nri.com/jp/knowledge/publication/cc/nenpyo/lst/2021/2021/2021

●欧米では新型コロナのワクチン接種が始まった。
日本でも今年度内の接種開始を目指しているので、おそらくあと1年~2年でコロナに対する恐怖心は消え失せ、人々は安心して外食し、イベントに参加し、旅行を再開するだろう。

●だが、テレワークや在宅勤務は減ることはない。
むしろ増えるはずだ。
DXによって職場や現場に行く必要がなくなるからである。
遠隔操作、遠隔治療、遠隔教育、遠隔指導、遠隔営業、遠隔会議、遠隔・・・。このトレンドはアフターコロナでも止まらない。

・うちはラーメン屋なんでDXは無縁です
・我社は家具職人が集まってる会社なんでデジタルは関係ないです
・当店はお年寄りが多い接骨院なので

●そうした言い訳をして、デジタルから逃げていては目の前にある成長の機会を逃すことになる。
DXは楽しいしチャンスだ。
社内に「デジタル部」を作る余裕がないならば、社外の「デジタル研究会」などに参加し、勉強しよう。
大それたことを考えなくていい。
まずは、Alexaを使う、YouTubeを見る、Kindleで本を読むといったことで充分だ。

●その後、YouTubeで動画をつくる、YouTubeやTikTokで集客するスマホ対応のホームページを作る、LINEで集客する、といったことにつなげ、いつしか同業者を圧倒するようなDX企業、DX店舗になっているはずだ。
「DX」は恐るるには足りないが、なめてはいけない。

-その他

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _