ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

PR(武沢おすすめ広告)

【PR】世界一簡単な多角化経営

投稿日:

●ユニクロの柳井正社長は『一勝九敗』という本のなかで、自分は失敗だらけであり、勝ち負けでいえば一勝九敗ぐらい、と述べています。
一般的に事業の成功確率はそれほど低いというのが常識になっていますが、もし仮に成功確率が三割あればどうなるか。欲張って五割もあったら大変なことになるのは容易に想像がつきます。

●しかし驚かないでください。
新規事業立ち上げの成功確率が七割の経営者がいます。しかも半年から1年という短い期間で次々と事業を立ち上げ、その成功率が七割だというのです。

●こちらの期間限定公開の動画(全4回)をチェックし、どんな方がどんな方法でそれを実現しているのか確かめてみてください。(武沢)

     ↓     ↓     ↓     ↓    

こんにちは、株式会社リアルプロモーションの松本です。

一般的に新規事業の成功確率は1割、
と言われています。

つまり、10個の新規事業にチャレンジして
成功するのはそのうちたった1つだけ。

さらに新規事業を複数立ち上げて多角化し
経営を安定させることは並大抵のことではありません。

しかし、そんな常識に反して、
社員一人で半年~1年間という短期間で
3つ以上の新規事業を立ち上げ、
グループ年商10億円を超える方法を

スピード多角化経営の専門家、
株式会社オレコンの山本琢磨さんが語っている
特別動画を、5月26日までの期間限定、しかも無料で
公開しています。

▼5月26日までの期間限定公開です。
https://smpr.real-promotion.com/l/c/poQeK1iZ/DQt9PM9P
※今だけ完全無料でご覧いただけます。

山本さん自身が実践している、
オーナー型スピード多角化経営とは

・固定のオフィス無し

・正社員はほとんどいない

・スタッフはパートアルバイトが中心

・求人を出せば、最低時給で応募者が何百人も集まる

・社長業もパートアルバイト任せ

・スタッフ全員がリモートワーク

・自分は会社のオーナーという立ち位置

・定例会議というものが存在しない

このような状態で、

・一般的には1割といわれる新規事業の成功確率が7割超え

・6か月~1年の間に新規事業が次々と立ち上がり
 グループ年商10億円を達成してしまう、

とんでもない多角化経営戦略です。

そんな多角化経営のやり方に
興味がある方は、今すぐこちらをご覧ください。

▼5月26日までの期間限定公開です。
https://smpr.real-promotion.com/l/c/poQeK1iZ/DQt9PM9P
※今だけ完全無料でご覧いただけます。

山本さんは現在ご自身がオーナーとして
5社を経営されており、グループ年商は約15億円。

しかもこれまで経営してきた会社は
ジュエリーショップ、化粧品販売、健康食品メーカー、
人材マーケティング、不動産会社や広告代理店、
金融会社など、業種業態はバラバラ。

さらに、

不動産会社や広告代理店、金融会社は、
事業規模を合計11億円までに育てあげて
会社売却までの経験もお持ちです。

しかも、

経営している会社はオフィス無し、ほぼ完全リモート、
全社員の約4割が海外在住というのだから驚きです。

テレワーク導入の先進企業として、アクサ損害保険株式会社、
アマゾンジャパン合同会社とともに

総務省から、テレワークの導入・活用を進めている
企業・団体の中から十分な実績を持つ企業として
令和元年度「テレワーク先駆者」決定企業の
11社にも選ばれた実績をお持ちです。

『会社にはオフィスがあって当たり前』
『会社には定例MTGがあって当たり前』
『会社では正社員が主体となって仕事をするのが当たり前』

そのような常識に縛られているあなたは

もっと自由に、もっとスマートに、もっとスピーディーに、
事業を多角化し、グループ年商10億円を達成する方法を
山本さんから学んでみてはいかがでしょうか?

▼今すぐ無料で視聴する
https://smpr.real-promotion.com/l/c/poQeK1iZ/DQt9PM9P
※5月26日までの期間限定公開です。

巷では、『多角化経営』というテーマで
様々なセミナーが開催されたり、

多角化経営コンサルタントなる人達が
あふれかえっています。

しかし、ここには1つの絶望的な悲しい事実があります。

それは、多角化経営をうたう本人が
多角化経営コンサル一本でしか事業を行っていないなど、
ただの”机上の空論”であることが往々にしてある、
ということです。

理論はあっても実現できない、
再現性の無いノウハウなのです。

そして、もう一つ、
多角化経営を難しくしているのは

多角化経営で本当に必要なことが
分かっていない経営者が多いということ。

一般的に多角化経営と聞くと
ほとんどの経営者は、

・優秀な新規事業担当者を採用する
・新たなビジネスモデルや事業アイデアを考える

ということから始めがちです。

しかし山本さんは、そのようなことをしている限り
絶対に多角化はうまくいかないと言います。

今回の特別動画では、

・新規事業の見つけ方と多角化戦略

・超優秀な人材採用方法とチームの作り方

・成功確率を高めるためのテストマーケティング戦略

・年商1億円を最短で超えるための事業拡大と会社売却編

という、あなたがオーナーとして
最短最速で多角化経営をしていくために
欠かせない4つのポイントについて
余すことなく公開しています。

あなたがオーナーという立場に立ち、
新規事業を最短半年~1年間で

しかも、成功率7割という圧倒的に高い確率で
次々に立ち上げていけるようになる方法を
知りたいという方は必ずご覧ください。

▼今すぐ無料で視聴する
https://smpr.real-promotion.com/l/c/poQeK1iZ/DQt9PM9P

-PR(武沢おすすめ広告)

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _