ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

まったく意外な「事業成功の4大条件」とは

投稿日:


●東京の一部ではマスクが出回り始めたと聞きましたが、それでもまだまだ品薄です。
知人の会社では4月にマスクを中国から直接購入し、それを社員に支給。
さらにはOB客にプレゼントすることにしたそうです。それが非常に感謝され、OB客からたくさんの紹介がもらえたとか。

●ある支店長の報告では、一週間で15人のOB客にマスク付きのメッセージカードを送付したところ、13件の御礼連絡が入り、そこから2件の新規商談が発生し、1件がすぐに成約にいたったそうです。
皆が必死になって探している「マスク」という物資。本気になって調達努力し、それを大切な人(社員とお客さん)にまっ先に届ける企業姿勢が評価されたのだと思います。

参考にしたい事例ですね。さて今日のメルマガはこちら。

●ユニクロの柳井正社長は、かつて野菜販売の事業で失敗した時、こうもらしています。
・・・
当社の野菜を販売する事業も、カネがあり人材もいたから、うまくいかなかったのです。カネがない、ヒトがいない、モノがない、チャンスがないことは、事業を成功させる4大条件だと僕は思っています
・・・

●「何もないこと」が成功の条件とは実におもしろい。
恵まれた環境が良いわけではない。むしろ恵まれていない方が良い場合がある、ということです。

「どうしようもない劣悪な環境?最大で最悪の不運?なるほど、そいつは実に素晴らしい!それこそ、成功するために与えられた最高の贈り物だ」(ドミノピザ創業者:トム・モナハン)

「凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない」(英国政治家:ウィンストン・チャーチル)

●柿農家の人は知っています。
甘くて美味しい柿の実を育てるために、あえてあることをする良いことを。
そう、正解は柿の木の幹や枝を傷つけるのだそうです。続きは昨日動画撮影し、さっき編集を終えたばかりのこちら動画をご覧下さい。

【今日のYouTube動画】

★野菜に学べ!劣悪な環境

-その他

関連記事

no image

不十分を知る

人前でアガル、緊張して声がふるえる、話し中に膝がガクガクする、ということの心理を考えてみたい。いや、考えるまでもない。私自身が昨日、久しぶりにそんな体験をし、記憶に生々しいのだ。 江川ひろし先生の日本…

続きを読む

塙 保己一物語

その「照れ」はなに?

次世代の不動産投資法 ロードマップセミナー

マサカという坂を本当に体験して

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _