Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

続・四国のA社長の経営相談

   

■今週の雑感:居酒屋での会話「少子化対策」

武沢:NRIの「未来年表」には2100年の姿が描かれていて、それによれ
ば世界の人口は今後急増するのに、日本の人口は半分になる、と
ある
A:半分っていうと6,000万人になるのですか?
武:たしか5,900万人という予想だったかな
A:そのままのペースで少子化が進んだらユダヤ人ぐらいの少数民族に
なっちゃいますね
武:ユダヤ人は世界に1,300万人だから、それよりはまだ多いものの、
国家存亡の危機ではある
A:いままでたくさんの民族が滅んできました。裸族(らぞく)のひと
つ「ヤマナ族」はヨーロッパ人に服を着ることを教えられて滅び
ましたよね。
武:え、そうなの
A:はい、ネットでは有名な話です。ヤマナ族が服を着るようになって
疫病が蔓延し、ついに滅びたそうです
武:服が疫病の原因?
A:ヨーロッパ人は服を着ることを教えながら、洗濯することについて
は教えなかったのです。ヤマナ族の人たちは汚れた服をずっと着
続けたことで衛生状態が悪化し、疫病が広がったと考えられてい
ます
武:ベトナムでは二人っ子政策で人口抑制をしていたのをやめて、
たたび増勢に転じたという。日本でも中国でも人口抑制政策を長
期間続けると、その政策を解除しても人口が増えなくなってしま
うことをベトナムは学んだのだろうね
A:でも、どうして人口が増えなくなってしまうのでしょう?
武:子育て以外の仕事をもった女性は、複数の子どもを出産養育す
体力や気力、時間がもてない、という現実がある
A:なるほどねぇ
武:一人っ子のことを中国では小皇帝というが、両親や親からの期
を一身にあつめ、莫大な費用をかけてひとりの大人を育てること
に慣れた大人たちは、二人目・三人目を育てる経済力がなくなっ
ているという側面もある
A:若者の収入や資産が乏しいというのは晩婚化、未婚化、少子化
大きな理由のひとつだと思います。それも含めてどうしたら日本
人が滅びずに済むか。ふたたび人口を増やせるかということです

武:そうだね、いまのところ決定打が見つかっていない
A:ブルガリアや旧ソ連では少子化対策として「独身税」を導入し
国がありますね
武:ほぉ、独身者から税金を取るなんて逆転の発想でおもしろいね
でも独身者ってもともと収入が乏しいでしょ?
A:そうなんです。結果はさんざんだったらしく、ブルガリアは21年
目に独身税を廃止しました
武:うまくいかなかったわけだ
A:ええ。もともと2.18%だった出生率が1.86%にまで下がってしま
ったそうです
武:やはり逆効果か
A:独身税の導入によって独身者は税の支払いが増えた結果、お金
貯められなくなり、結婚から遠ざかったというのです
武:なるほど、そういうことか。着想は面白いが政策が直接的過ぎ
わけだ。相続税や贈与税をゼロにしているベトナムのように、若
者に未来への希望を持たせなくてはならないが、その政策は逆効
果だったわけだ
A:北欧のように社会保障を充実させる。そのかわり税負担は大き
という国づくりをするか、その反対に税負担を軽くして自己責任
の割合を高めるか、国づくりの基本路線が日本はまだ不明確に思
えますね

■今週の雑感 「ベトナムとバンコク」

まず訂正:
先週の記事でホーチミンからバンコクへのフライト時間を「2時間半」
と書きましたが、正しくは「1時間半」でした。
アジアのハブとしてバンコクが地政学的に優れていることをアピー
しておられる会社からのご指摘でした。お詫びして訂正します。

ところでベトナムの人たちの多くは親日で、「ジャパニーズドリーム」
という言葉まであります。
日本語を覚えて日本に行って就職できれば3年間の勤務で300万円貯ま
り、それでベトナムに家が建つというドリームです。
日本の会社に就職するために日本語を一生懸命勉強してくれる、そ
いった国が少なくなってきているだけに貴重な国だと思います。
同時にベトナムは相続税・贈与税がないので、資産家の子どもは丸
その資産を受け継ぎます。豊かな国民が急増しているため、可処分
得も増えています。そういう豊かなベトナム人が日本に旅行に来る
が増えていますが、社会主義の国のためまだ30万人程度と少数です。
タイ人の100万人、香港人の223万人、台湾人の456万人、韓国人の714
万人、中国人の735万人などに比べるとベトナム人の比率はわずかなも
のですが、ASEAN諸国の中で訪日客の伸び率一位がベトナムなのです。
まだベトナムを訪れていない方、いちどハノイとホーチミン(でき
ばダナンも)を訪れてみましょう。

■今年の「がんばれ社長!合宿」はこちらです。

従来の「経営計画合宿」は経営計画づくりが目的でした。
今年始まった新しい「経営力強化合宿」は、特定の経営課題を解決
するための目的特化型経営者合宿です。
従来の経営計画合宿ともども、ご利用をお待ちしています。

・4/19(金)、20(土) 東京 経営計画合宿
→ https://ganbare.biz/comon/19-4-19_tky/

・5/17(金)、18(土) 大阪 経営力強化合宿(New!)
→ https://ganbare.biz/comon/19-5-17_osk/

・6/28(金)、29(土) 東京 経営力強化合宿(New!)
→ https://ganbare.biz/comon/19-6-28_tky/

・7/26(金)、27(土) 名古屋 経営計画合宿
→ https://ganbare.biz/comon/19-7-26_ngy/

・8/9(金)、10(土) 札幌 経営力強化合宿(New!)
→ https://ganbare.biz/comon/19-8-9_spr/

・9/6(金)、7(土) 東京 経営計画合宿
→ https://ganbare.biz/comon/19-9-6_tky/

・11/1(金)、2(土) 名古屋 経営力強化合宿(New!)
→ https://ganbare.biz/comon/19-11-1_ngy/

■海外を目指す経営者の会員制組織「多幸の会」が発足しました。

「多幸の会」(たこのかい)は、海外進出を目指す企業家のための
会員制組織です。発起人がこちら。
・筒井修(和僑会/WAOJEファウンダー)海外起業歴35年
・白川博司(通販起業コンサルタント) 通販指導、起業指導25年
・武沢信行(経営コンサルタント)   経営計画指導25年
★詳細はこちら ⇒ http://www.e-comon.co.jp/magazine/tako.html

■「目標設定と行動計画づくりはこの1冊で」

がんばれ!社長特製『Wish-List』(Amazonで販売中)
ロングセラーです。
目標設定の第一歩は Wish-List づくりから。
個人用に一冊、スタッフにも家族にも一冊ずつ進呈しよう!
★『Wish-List』(Amazon)→ http://amzn.to/2z2PzW0

■がんばれ!社長の『月刊 社長最前線!』(PDF レポート)

◇最新3月号はこんな内容です。

1ページ:巻頭言「本質に迫る企業目標を」
2ページ:What’s New Asia ベトナムハノイ編
3,4ページ:今月のトレンド「生産性向上競争の始まり)」
5ページ:今月の一冊「〆切本」
6ページ:話の引き出し「文章について」
7ページ:歴史に学ぶ生き様「信長の評価尺度」
8,9ページ:誌上セミナー 「NRI未来年表2019より」
10ページ:多幸の会だより「筒井修レポート」
11ページ:息抜き4コマ漫画コーナー
12ページ:旅先のご馳走「うどん田(でん)、いせ源 本館」
13ページ:経営事件簿:「初夏のホタルイカ事件」
14ページ:メルマガ傑作選「墓地少女の世界一周ひとり旅」
15ページ:今月の標語 「河井継之助の名言」
16ページ:ちょっと意外な故事
「天才たちの引き延ばし・・・フランクロイドライト他」
17,18ページ:Businessショートショート漫画「華人財閥物語」
来月号のお知らせ
★月刊 社長最前線!(サンプルあり)
→ http://www.e-comon.co.jp/magazine/index.html

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - その他