ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

★ 1.テーマ別 その他

ボトルネックに注意しよう

投稿日:

今朝、膝の MRI 検査 の結果を聞きにいった。月曜日の朝から患者でいっぱいだったが、システムが良くできているのでそれほど待たされずに済んだ。さすが繁盛医院である。

気になる膝のほうだが、思ったより状態は良くなかった。「半月板が傷んでいるだけでなく骨の方も疲労骨折寸前で、もう少しダメージが強かったら骨切り手術か人工関節手術が必要でした」と医師がいう。「また手術?」と内心で思った。

私は元来、胃腸や心臓など内臓系の強さや筋力、持久力にも自信をもっていたが、今年に入って歯や膝の間接など、予期せぬところが一気に悲鳴をあげだした。すべてが均等に強いわけではないと思い知らされたわけだ。

医師いわく、「放置しておいて自然に治るところではないので、とにかく荷物を軽くすることと周辺筋肉を付けることですね」という。要するに減量しろということだが、こう膝が痛くては走ることはおろか、歩くこともヨガ教室に行くこともできない。となると、食事療法を中心に、プールなどの負担の軽いトレーニングと一人でできる筋トレが必要になりそうだ。

内臓は強い、骨も筋肉も強い、だが強いところを標準にして無理をすると、関節や神経などそれほど強くない別の箇所に負担がかかる。「ボトルネック」とか「隘路(あいろ)」ともいわれるが、相対的に弱い箇所が組織全体の足を引っぱる。

同様のことは、ビジネスや会社経営にもいえる。強みを活かすのはビジネスの鉄則だが、弱みを自覚しないまま突っ走ると、弱い箇所がやがて疲労骨折する羽目になる。あなたの弱みはどこだろう。今は自覚していなくとも、いずれ弱みになり得る可能性のあるところはどこだろう。

さて、この左膝とどうつき合うかだが、こちらの意思を膝に表明しておこうと思う。今は痛みをなくすことに専念し、一年以内には平気でウォーキング、(できればジョギング)できるまでに回復してみせる。そう左膝に言い聞かせた。

-★ 1.テーマ別, その他

関連記事

デュアル・ディスプレイにしてみた

no image

宋さんという社長

たった今、ある社長と再会を約してお別れした。地下鉄日比谷線「八丁堀駅」から徒歩0分にあるこの会社は、ソフトブレーン株式会社という。今日の午後、二階の応接室に通されコートを脱いでいたら、私の本を二冊携え…

続きを読む

no image

宿命の敵

「芸術は爆発だ」「自分のなかに毒をもて」などと説いたのは岡本太郎氏だが、絵本作家の荒井良二氏は、「宿命の敵=大人の自分」と考えている。 山形県出身の荒井氏は芸術学部を卒業し、商業デザインの仕事をした。…

続きを読む

読者メール2題

遺伝子検査がいつのまにかここまで身近に…

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _