ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

期待できる「鎌倉殿の13人」

投稿日:

期待できる「鎌倉殿の13人」

●U-NEXTやアマゾンのPrimeVideoの契約をしている人であればNHKオンデマンドが視聴できる。
もちろんNHKオンデマンドだけを契約してもよい。
それによって過去の大河ドラマが全話観ることができる。(時代によっては総集編のみ)
月額1,000円に満たない契約料でこの贅沢、なんてありがたい時代になったのだろう。
すくなくとも「ヒマでやることがない」なんていうことは決してありえない。

●大河ドラマファンを自認してきた私。
ビデオもなにもない時代は日曜日の午後8時になるとテレビの真ん前に正座し、弟はもちろんの事、両親にも私語を慎しむようお願いした。
ドラマに集中するためである。
幸い両親も大河好きで、私の奇行も許されたわけだが、歴史に興味がない弟は自分の部屋にもどっていった。

●何となく見始めたのは1966年の源義経だった。
緒形拳演じる弁慶の矢面に立っての仁王立ちシーンは親が食い入るように見ていたのを覚えている。
それ以来、私も興味をもって見るようになり、1970年の作品『樅(もみ)ノ木は残った』ではドラマの原作となった小説も読んで全話観た。
ちなみにこちらが大河ドラマの歴史。
→ https://www2.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=taiga000

●いつしか自分も社会人となり、日曜日の夜にテレビをオンタイムで観られなくなったことから大河離れが始まった。
ビデオに録画できる時代になっても、いったん離れてしまった関心はもとにもどらないまま何十年かが過ぎた。

●そして今年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が一昨日スタートした。
主演は小栗旬。
若手俳優ともてはやされているときはあまり好きでなかったが、ストイックに演劇に取り組む姿勢から最近好きになった
考えてみれば彼も39歳。
若さとイケメンぶりを売りにする時期ではないことを誰よりもよく知っているはず。
彼の一年間の変貌ぶりも見どころのひとつだと思う。

●今回のドラマは源平時代。
私があまり得意ではない時代背景、しかも三谷幸喜による笑いが随所にちりばめられた脚本ということから、とりあえずはお手並み拝見のつもりで第一話を観てみた。

●ところがこれがなかなか良かった。
特に後半の戦闘シーン(頼朝が姫に扮して馬で敵の包囲網を脱出する場面)などはこの先の波瀾万丈ぶりを暗示するようで心躍った。
久しぶりに一年を通して観てみたいと思わせる作品だ。

●平家との一戦に敗れ、伊豆まで流刑された源頼朝は当時13歳。
源氏の正嫡ではなかったことや平清盛の継母による命乞いのおかげで流刑で済まされた頼朝。
結局、20年伊豆で過ごすことになる。
平家の横暴ぶりを良からぬきもちで見ている地方豪族は少なくない
頼朝を当主にかついで打倒平家を実現したい。
だが、本当に頼朝に平家リベンジの気持ちがあるのか。
まるで昼行灯・大石内蔵助のような煮えきらない態度に周囲もやきもきする。

●主演・小栗旬に対する準主役に大泉洋をもってくるあたりも心憎い。
頼朝の結婚相手・北条政子を演ずるのが小池栄子。
この二人は映画作品『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』でダブル主演しており、ぴったり過ぎるほど息があっている。

●これらのメインキャストの脇を固めるのがまたすごい。
人気俳優の新垣結衣、菅田将暉。私は個人的に菅田将暉の源義経がどのような天才軍師ぶりを見せるか、あるいは兄・頼朝との確執をどのように演じるのかに注目している。

●歌舞伎界からは片岡愛之助、坂東彌十郎、中村獅童、市川猿之助らが出る。
第一話をみるかぎり坂東彌十郎が扮する北条時政(小栗旬の父役)の普段はユーモラスでダメ親父的な一面と、イザというときの武人らしい立ち居振る舞いの二面性に感心した。

●また、実力派俳優から鈴木京香、國村隼、佐藤浩市、宮沢りえ、江口のりこ、田中泯、秋元才加らが。
大物枠からは草笛光子、松平健、西田敏行らが登場する。
さらには毎回のナレーターが長澤まさみときている。
これぞドリームキャストといえよう。
最近のトレンドなのか、映画やドラマにお笑い芸人が出演することが増えている。
この作品にも「我が家」の坪倉由幸や「ティモンディ」の高岸宏行が登場する。

●大河の視聴率低下が気になるが、NHKらしくしっかりと掛けるべき費用はかけている。
あとは観る方が時代背景をざっくりと頭に入れておけば、相当楽しめる作品になるはずだ。
予備知識としてこの時代の歴史小説を読むのもよいが、時間がない人はなるべく薄いガイドブックに目を通しておこう。
Amazonで買えるだけでもこんなにある。
私もこのなかの一冊を読んだおかでで比較的すんなりドラマに入っていけた。

★鎌倉殿の13人関連ガイドブック→ https://amzn.to/3GhAizV

-その他

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _