ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

社内コミュニケーションの善し悪しを決めるもの

投稿日:2021年12月8日 更新日:

今日のYouTube新作

■【会社四季報ONLINE】のすすめ

他社がどんな仕事をしてどのように利益を出しているのかを徹底的に調べてみませんか。
そのための最良の方法は『会社四季報』に目を通すことですが、Web版の【会社四季報ONLINE】はWebならではの機能が多くてとても重宝します。

社内コミュニケーションの善し悪しを決めるもの

●「まったく受注活動ができていないし、最近は報告・連絡・相談も減っている困った部下がいる」と愚痴をこぼす社長。
ところが実際にその部下に会ってみるとまったく別のことを言う。
「社長がいつも不在で報告・連絡・相談しても返事は遅く、しかも、お説教ばかりです。肝心のときに頼れる相談相手が社内にいません」と泣きべそをかく始末。
こうしたコミュニケーションの行き違いは多い。

●どちらにしろ「相手が悪い」と思っていることが共通点なのだが、じっくり腹を割って話せばわかり合えることも多い。
私のところに相談があるケースも「相手にどう分かってもらえるか」の相談であり、「自分がどう変わるべきか」といった相談は皆無と言える。

●仕事の成果の半分は人間関係で決まる。
社員数が二桁(10人以上)になると人間関係のトラブルが起きやすくなるものだが、なかには、社員が数人しかいないのにいつも揉めている会社がある。
その一方で社員数が100人を超えているのにトラブルがほとんどない会社も存在する。
それらの違いを決めている最大の要素は社長の人間力だと私は思う。

●人間力の高い社長が率いる会社はこうなっている。

1.社長が人間関係トラブルを好まないし許さない。
起きてしまった場合でも大岡越前のような裁きをして人間関係にしこりを残さないよう手打ちをさせる

2.「和」「団結」「チーム」といったフレーズが日頃から重視され、そうしたものを高めるような取り組みを行っている

3.それでも不平不満分子や混乱分子がいる場合は、解雇などの厳しい処置をとって善良な社員を守る

●反対にトラブルが絶えない会社は社長の器に問題がある場合が多い。

1.社長が人間関係トラブルが結構好きで、時には自らがトラブルの火種になっている。トラブルがどろどろになって社長が仲裁に入るとき「自分は仕事をしている」と錯覚してしまっている

2.行き過ぎた成果主義によって一匹狼的な社員の存在を認めてしまっており、言葉だけで「和」や「協調」などを訴えても絵空事になっている

3.組織の秩序を乱すような社員がいても放置しているので、後輩もそれを真似て一匹狼が増殖している

●コロナ禍は私たちの人間関係を悪くした可能性がある。
社内コミュニケーションが活発になるような取り組みをしたり、トラブルの可能性がまだ小さいうちに芽を摘んでしまうなどの対策が必要だろう。

-その他

関連記事

no image

囚人のジレンマ

社内報に関するアイデア

金曜日号の「ウィークリー雑感」上でこんな問合せがありました。 「制作した社内報をデジタルデータで配信したいが、何かおすすめのやり方や専用サービスはないか?」 さっそく週末に4件の情報が寄せられました。…

続きを読む

no image

天ぷら屋の看板から一本の原稿が生まれる

3ヶ月で株価が32倍になった会社

心を老けさせない方法

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _