ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

Kindle Vellaスタート

投稿日:

Kindle Vellaスタート

●Kindle Vella(キンドル ベラ)が今月、米国でスタートした。
これはAmazonが手がける自費出版支援サービスで、AmazonサイトとiOSのKindleアプリの上で提供される。
現時点では英語のみ、しかも米国在住者限定サービスだがやがて世界に広がるだろう。

●ブロック(章)ごとに読み物を購入するという新しい本の読み方が読者や作者にどのような可能性をもたらすのか注目だ。
購入決済にはAmazonトークンをつかう。
事前にトークンを購入しておいて、その都度トークンで決済するわけだ。
作者には50%の印税が払われるほか、読者のエンゲージメントによって露出が優先されたり、ボーナスが支払われたりする。

●日本にはすでに「note」が課金対応しているが、noteの場合、イメージでいえば有料にもできるブログという感じ。
一方「Kindle Vella」は筆自慢のための物語発表の場という感じ。
内容もさることながら文章力も問われるはずだ。

●このKindle Vella、日本上陸の暁には私も作品を発表しようと思っている。
すでに数本の小説をKindleにアップしているので、それをリメイクしたり新たに書き下ろす予定。

●またKindle Vellaに対応した課金メルマガの可能性もさぐってみたい。
メディアには動画、音声、文章、マンガ、アニメ、イラストなどの方法がある。
私には絵心がないので後半の三つを除くと、どんな選択肢があるか。

まず動画はYouTubeやTikTokだろう。
YouTubeはすでに使っているしTikTokも検討中だ。
音声はPodcastとClubhouseが人気だが、いまのところ使う予定はない。

文章はいまのところメルマガのみで勝負している。
ブログ、Twitter、noteは使っていないが、今回のKindle Vellaは久しぶりに好奇心が刺激された。
日本上陸を楽しみに待ちたい。

★Kindle Vella(ニュース記事)
 https://www.engadget.com/amazon-kindle-vella-episodic-stories-113522440.html

★Kindle Vella(YouTube)

-その他

関連記事

no image

ある新製品開発

ビスマルク風ってなんだ?

no image

企業という組織

ある青年会議所の経営者とお会いした。彼の自説を聞いたあと、私は反対した。 その自説とは、 「事業とは人育てであり、利益は二番目だと思います。なぜなら、松下幸之助氏のことば、『松下電器は何を作る会社かと…

続きを読む

no image

2013年夏 武沢信行 プロモーションビデオ

仕事ができる人はジョークもうまい

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _