ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

まず「事前検死」する

投稿日:2021年6月17日 更新日:

まず「事前検死」する

●「アミエルの日記」(岩波文庫)の一節。

『人生の行為に於いて、習慣は主義以上の価値がある。何故かといふと、習慣は生きた主義であり、肉となり、本能となった主義である。ある者の主義を改造するのは何でもない。それは書物の題名を変えるほどのことに過ぎぬ。新しい習慣を学ぶことが万事である』

●このアミエルの言葉を拡大解釈していけば、経営理念や将来のビジョンよりも、今の習慣の方が大切である、ということになる。
さらにアミエルは続ける。

『我々の主義なるものは恐らく我々の欠陥に対する一種知らずしらずの弁護に他ならないであろう。我々の目から自分の未練をもつ罪業を隠蔽することを目的とする大見栄に他ならないであろう』

●目標や計画を一新して気持ちをリフレッシュさせ、さあやるぞとなってもそれは一時的なまやかしに過ぎない可能性がある。
経営計画のセミナーのあとで参加者が「もうできたような気分です」というが、まだ何も出来ていないのだ。
始める準備をしただけのことである。

●どうしたら「できたような気分になる」錯覚を防げるか。
有力な手段は今後待ち受けている障害や困難を列挙することだ。
のような問題や課題が横たわっているかを事前に知れば知るほど、安易な気分は吹き飛び、現実の厳しさを実感する。

●心理学者ゲイリー・クライン博士の「事前検死」というやり方はそれをチームで行うものだ。
プロジェクトが始まる前に「我々はなぜうまくいかなかったか」をチーム内で話し合うのだ。
「なぜうまくいかなかったか」のほうが、「どうすればうまくいくか」より意見が出しやすい。
小さな懸念事項まで全部だせばよい。
そのあとから懸念事項や不安材料を消していけばよい。
やりたくないからこんなことをするのではない。
プロジェクトを強化するためにこれを行うのだ。

●普通、問題点を指摘したり課題をあげつらうことはネガティブだといって嫌がられる。
だが、ネガティブな要素を前もって知り、その克服策ももっていることで真のポジティブがうまれる。
空元気ほどむなしいものはないことはメンバー全員知っているのだ。

-その他

関連記事

no image

腕が良い、とは

(ひょっとしたら)私は特別な人間だ。特別にカッコ良いし、特別に長生きしそうだし、特別な金持ちになりそうだし、歴史に名を残すような特別な可能性をもっている、と密かに皆がそう思っている。“密かに”ではなく…

続きを読む

no image

続・革命は一気に

no image

東京ドームにて

練習しな!

「ペア読書」がブーム?

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _