ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

栄枯盛衰 諸行無常

投稿日:

栄枯盛衰 諸行無常

●1982年(昭和58年)、私が28歳のとき研修船「とうかい号」に乗った。
青年会議所主催のこの船は毎年異なる目的地をめざすが、その年は、台湾、香港、中国の厦門(アモイ)を周遊した。
目的地でのホームステイ研修もあるが、主目的は船内における共同生活とみっちり組まれた座学や体育などの研修にあった。

●台湾も厦門もとても印象的だったが、今日は香港の出来事を書く
港に着いて、バスで市内へ移動した。
今は高層ビルが林立する世界屈指のビジネス拠点だが、当時はまだ近代的なビルはなく、古い高層アパートがやたらたくさんあった。
バスから見下ろす人々の生活はまだ貧しく、私が子どもだった昭和30年代の暮らしを思い起こさせた
「遅れてるなぁ」「懐かしいなぁ」、ぼんやりと車窓からの景色をみながらそんなことを感じていた。
日本の方がはるかに近代国家でありアジア諸国は中国も香港も台湾も、日本を憧れていた。
少なくとも80年代までは。

●その夜、香港の表情が一変した。
当時から香港は100万ドルの夜景と言われていた。
湾内をクルージングする我々をうっとりさせるロマンチックな夜景。
ビルは今よりはるかに少ないが、巨大な広告看板が湾の周囲にあり、私たちの目を奪った。

●ロマンチックな夜景の一部は広告だった。
しかも「NEC」「Canon」「HITACHI」「TOSHIBA」など日本企業のものばかりだった。
外国企業のものもあったはずだが印象にない。
その光景を目にした私は不覚にも「恥ずかしい」と思ってしまった
露骨に目立つ看板に品性を感じられなかったからか。
だが結果的には10年後、すべての看板が外国企業に取って代わられた。
大半が中国や韓国などアジア企業に。

●「恥ずかしい」と感じるほど目立っていた日本企業が世界の主要プレーヤーの座から降りていくのを見るのは忍びない。
90年代初頭のバブル崩壊以後、自動車などごく一部の産業をのぞいて、日本の威光が世界に届かなくなった。
日本がバブル経済の残務処理をしているあいだに、世界はIT革命、半導体革命、クラウド革命、金融革命、DX革命、などテクノロジーにおいてリーダーの座を奪っていった。
日本企業は、欧米のみならずアジア企業に対しても後塵を拝するようになった。

●バブルの残務処理は終わった。
だが日本の大企業は次の成長戦略がいまだに描けていない。
1982年に香港で見た「HITACHI」の看板は輝いていた。
2003年にIBMのハードディスク部門を巨額で買収したとき、「ついに日立が目覚めた」「これをきっかけにIT業界の中心プレーヤーに躍り出るか」などとメディアで騒がれた。

●だがハードディスクはパソコン共々コモディティ化していった。
結果的にはこの巨額買収は失敗した。
今週、ついに上場子会社の日立金属を売却すると報じられた。
売却額は数千億円になるといわれているが、その資金をもってどのような投資をするのか。
時間はもう残されていない。

●時間切れになってしまったのは東芝か。
英国や米国のファンドなど複数から2兆円規模の買収オファーを受けている。
経営陣はそれを検討する予定だというが、おそらく日本政府もメンツにかけて放置するはずがない。

●あきらかなことは世界のメジャープレイヤーだった日本企業が次々に凋落しているということ。
そして、それらの企業にとってかわるような次のメジャー企業が見当たらないのが最大の課題である。

●デジタル政府、脱炭素、AI、DX、EV、自動運転、5G、クラウド、遠隔医療、など成長分野は明らかだ。
ニッチな分野でしっかりと利益を出せる経営上手な若い経営者はたくさんいる。
だが、最初から世界に視座を置いて海外で勝てる経営人材は乏しい。
そうした若い起業家の育成が国家戦略の肝になっていると思うが、そうした取り組みはまだ聞いたことがない。

日本も起業家人材の育成を怠ったままでいると、海外旅行者が日本をみて、「遅れてるなぁ」「懐かしいなぁ」と思われてしまうだろう

-その他

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _