ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

これって不当解雇なの?

投稿日:

これって不当解雇なの?

●「がんばれ!社長」のホームページで、スポットコンサルや定期コンサルの依頼を受け付けている。
今までいろんな方がいろんな目的で利用された。

★コンサル依頼HP http://www.e-comon.co.jp/index.html

●神奈川のある社長は、会社設立10周年を記念して経営計画発表会を札幌で開催するのでマンツーマンレクチャーして欲しいとのことだった。
その若い社長とは数回の個人セッションで計画書を完成させ、無事に発表会を開催されたそうで、札幌土産を送って下さった。

●最近はすべてZoomコンサルに切りかえたが、一昨年まではリアルでお目にかかっていた。
愛知県のある社長は、土曜日の午前を利用し、奥様を伴ってオフィスに来られた。
元請けメーカーと一緒にアジア進出した場合の可能性とリスクについて相談に来られた。
その場でひとつの方向性が決まり、スッキリした表情で戻っていかれた。

●最近もZoomのスポット相談があった。
北陸の建設会社の社長からのご相談で、昨年父から事業承継してまだ日が浅いそうだ。
労務問題にも不慣れなようで、相談内容を聞いて私はビックリ仰天した。

●60歳になる古参社員のひとりが1年近くも無断欠勤しているというのだ。
もはやこれは無断欠勤ではなく自然退職だ。
本人に電話してもつながらないので3カ月経過したときに退職扱いの手続きをした。
あとがまの社員もすぐに見つかって一件落着したつもりでいたが、当の問題社員から最近になって電話があったという。
「来週から職場復帰できます。長らくご迷惑をおかけしました」あっけらかんとした口ぶりだったそうだ。

●そこまで聞いて私は、「1年ぶりに電話ですか。問題外です!断固拒否すべきです」と熱くなってしまった。
だが社長がなぜか煮えきらない。
何かを恐れているかのようで、事は単純ではないようだ。
「何が問題なのですか?職場復帰を断ればいいだけですよ」と私。
社長はこんな話を始めた。

●その問題社員は、退職扱いを受けてから何度も労働基準監督署(以下「労基署」)に行って、会社を「ブラック」だと訴えているという。
問題社員が言うには、会社に対して労務環境の改善を訴えても一向に改善しないので「欠勤」という抗議行動をしているのだそうだ。
労基署の監督官から電話が何度かあった。
「社員の訴えが事実なら調査に伺うことになる」とか「社員は法廷争いする気持ちもあるようだ」などと言われたが、まだ監督官は来ていない。

●そう話す社長に私は「やましい問題でもあるのですか?」と尋ねた。
社長は話しにくそうな表情で、「ブラックではないが、社員の好意に甘えてきた部分もある。
ただ社員に対して誠意をもって説明し、すべて理解してもらってきた」という。

●完全にホワイトではないので、法廷で争っても勝てるかどうか分からない。
そう小声で話す社長。
なんだか経営者が社員に弱みを握られているような構図で、威厳はどこにもない。

●その社長は顧問に相談したらしい。
社労士と弁護士の二人が顧問だそうだが、その二人の意見が真反対に割れているのも迷いの原因になっている。
社労士は「問題社員を再雇用してもなにひとつ良いことはない」と言う。
一方の弁護士は「労働裁判になったとき勝てる保証はない。その社員と話し合って円満解決をはかり、ケンカすべきではない」という。

●私は悔しいやら情けないやら。
はらわたが煮えくり返ってきた。
そんなにオドオドしていては今いる社員に示しがつかない。
まず毅然としていただきたい。

●私はひとつのことを申し上げた。

さてこの問題、あなたはどう判断されるだろうか?

あなたのご意見をお聞かせください。メール件名「問題社員係」
メール:take@e-comon.co.jp   今週一杯、お待ちします。

続きは来週月曜日に。

-その他

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _