ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

バイデン大逆転?

投稿日:

バイデン大逆転?

●「接戦とは言われているが、いざフタを開けたらどちらかの圧勝なんじゃないの」

そんな私の思惑もどこへやら、米大統領選がもつれにもつれている
日本時間の昨夜はトランプ勝利のムードが漂っていたのだが、今朝起きてみたらバイデンが逆転。
トランプは土俵ギリギリまで押し込まれた状態になっていた。
バイデン大逆転なるか?

●ただトランプがこのまますんなり引き下がるとは思えない。
開票結果の再確認や、郵便投票の無効などを訴えて法廷闘争にもちこむ可能性がある。
一番起きて欲しくないことは来年まで決着がもつれること。
財政出動を伴う経済刺激策ができなくなるし、安全保障上の不安も拡大する

●さらには、全米各地で両陣営が衝突して内紛に発展する可能性もある。
そうなると、コロナよりも悲惨な状況になりかねないわけで、アメリカを真っ二つに割るような騒動になれば、世界が混乱の巻きぞえになる。

●ただマーケットは今のところ平穏だ。下院で民主党、上院で共和党が優位というねじれ現象が起きつつあることから株式市場では、IT大手企業がそろって値上がりし、相場全体を押し上げた。
トランプ政権がIT企業大手を規制する方向に動いていたが、それも、議会のねじれ現象によって和らぐのではないかという見通しだ。

●ただバイデンもIT大手には強硬な発言をくり返していることから先行きは楽観視できない。
しかも富裕層や大企業から増税しようというのがバイデンの基本政策なので、もし彼が当選すれば市場はしばらくの間、下落する可能性がある。

●「トランプ勝利!」とテレビで言い続けてきた評論家の木村太郎氏。
昨夜は「さすがですね」と神扱いを受けたようだが、今朝は一転してテレビで敗北宣言した。
この潔さをトランプ氏に分けてあげてほしい。

※政治の話をメルマガで書くのは好きなことではないのですが、今回の大統領選はあまりに劇場型で、スルーするわけにはいかなくなりました。

-その他

関連記事

no image

It’s the job

ある映画のロケ現場。「シーン11、カット6、スタート!」。カシャッ。「・・・」「はい、カット」以下、監督と俳優のやりとり。監督:「渥美さん、どうしたの。ムスッとした顔して。ここはあんたがニコッと笑う絵…

続きを読む

no image

大人の学習スタンス

奇妙なカクテルとYouTuberを学んだ夜

no image

ライフスタイルの温故知新

連休に東京ディズニーリゾートへ。 ディズニーシーの新アトラクション「タワー・オブ・テラー」は凄かった。練りあげた物語を背景にするだけで、よくある垂直落下型絶叫マシンがこれほどの感動と興奮になるのだから…

続きを読む

「語源娘」の物語」・・・フィクションです

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _