ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

ネットの誹謗中傷について思うこと

投稿日:

今日のYouTube動画

新作YouTube【兵は拙速を尊ぶ】
 新しい製品やサービスのプロトタイプ(試作品)をつくり、まず市
 場でテストするスピードが勝負です。40年前のSONYウォークマン
 開発エピソードをもとにそれを解説します。

●ネットでの誹謗中傷は人を傷つけます。
批判には耳を貸しますが、誹謗中傷には耳を傾けませんし、メールで来てもスルーします。
批判と誹謗中傷の違いを整理しておきましょう。

批判:何らかの根拠をもとに相手の言動の誤りを指摘すること。
   「こうすれば良かったのに」という建設的批判もあるが、多いのは「だから私は彼のやり方に反対だ」という普通の批判。

誹謗中傷:相手の人間性や存在そのものを否定する行為。
   「お前なんてウチには要らない」「顔を見るだけで腹が立つんだよ」

●誹謗中傷に慣れているはずのプロスポーツ選手でも慣れていないものがあります。
それは、匿名でやられることと集団でやられることです。

●私は20年前からメルマガを発行しています。
最近でこそ減りましたが初期のころは一定の割合で批判メールが届きました。
そういう意味では20年批判と誹謗中傷を受けてきたわけでかなり免疫ができました。

●小泉総理の靖国参拝を支持したときには、読み手の考えと違っていたのでしょう。
一気に何十人かの読者を失いました。ある出版者の役員の方から長文の抗議文を受け取りましたし、海外勤務の長い方からは抗議の電話までありました。

●友人だと思っていた人を一通のメルマガで失ってしまったこともありました。
「経営者団体に加盟するのは良いが、役員を引き受けてはならない」と書いたときでした。
その前年まで私と一緒に役員をしていた元友人から「メルマガの内容に失望した。二度とあなたと会うことはない」と絶縁されました。
あれからもう20年経ちます。

●10年以上もの長きに渡って毎月お会いしていた顧問先の社長が私のメルマガを読み激怒。
抗議のメールを受け取ったこともあります。
酒の席で私を批判したその社長が、翌日、私のメルマガで一方的に反論された、という抗議でした。
まったくの事実無根で、すぐに誤解は解けたのですが、一時的には激怒しておられたのは事実です。

●長年つき合っていてもモロく崩れるのがネットです。
メルマガの批判であれば私自身に届くので炎上することも集団で行われることもありません。
救いがあります。
しかしTwitterやブログ、YouTubeなど衆人にさらされる場所で自分だけに向けられた誹謗中傷はかなり辛いはずです。
しかも匿名で、集団でそれをやられるとメンタルが強い人でも耐えられないでしょう。

●ネットで許されるのは自分の名前で堂々と批判すること。
私は今年からYouTubeを始めていますが、誹謗中傷のコメントが二通あり、速攻で削除しました。
「お前なんか全然すごくない」といったことが連呼されていたからです。
言われなくても分かっていることを何を今さら、と思ったからです。
読んでいて不快になるだけのコメントがチャンネルにあると、他の方々まで不快にさせると思い削除しました。

●批判は歓迎します。
違う視点が与えられるからです。
ただし誹謗中傷混じりの批判は削除します。
匿名で行われている場合であれば、批判であれ誹謗中傷であれ読まずに削除します。
意見を戦わせようにも、相手がいないからです。

●いい年をしながらネットになったら途端にワガママになる人がいます。
「二度と送るな、迷惑」という文面で解除要求をしてきたまぐまぐの読者がいました。
先週のことです。
まぐまぐであるかないかに関わらず、メルマガを一方的に送りつける行為はこれまで一度もしたことがありません。

●無視しても良かったのですが、「迷惑」という言葉が許せず、どういう人なのかメールアドレスから調べてみました。
企業の社長でした。
ホームページを見たら、50がらみのちゃんとした社長にみえました。
なおさらながらメールのマナーが残念に思えたので私は彼に返信しました。

「まぐまぐ読者登録はこちらの一存でできることではありません。また、解除依頼をする時には礼節を守って正しい言葉づかいで行いなさい」

返事が来ないので自分で削除したのだと思います。

-その他

関連記事

no image

宋さんという社長

たった今、ある社長と再会を約してお別れした。地下鉄日比谷線「八丁堀駅」から徒歩0分にあるこの会社は、ソフトブレーン株式会社という。今日の午後、二階の応接室に通されコートを脱いでいたら、私の本を二冊携え…

続きを読む

本をたくさん、なるべく早く読むワザについて思うこと

no image

話題を作りつづける社長

昨日に続く予定だったが、内容を変更してお届けしたい。まずはある経営者の日記サイトから引用。・2003/10/02(木) 9時起床、今日は月刊誌『BOSS』(経営塾刊)とTBS『愛と誠(14日21時放送…

続きを読む

続続・事業再生士という存在

no image

小沢のゴルフ

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _