ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

コロナ対策:それは顧客創造の原点に立ち返るとき

投稿日:

バック・トゥー・ベーシック。

コロナ自粛で事業活動が停止または制約されている今、ここはひとつ原点に返ろう。
「事業の目的」は何なのかを確認するところまで立ち返ってみると、やるべきことが見えてくるはずだ。

ドラッカーは『現代の経営』でこう述べている。

・・・
事業とは何かを理解するためには、事業の目的から考える必要がある。
事業の目的は企業の外にある。企業が社会の一機関である以上、事業の目的は社会に求めなければならない。
そして、事業の目的として有効な定義はただ一つである。
それは、顧客を創造することである。
事業家の行為が人間の欲求を有効需要に変えたとき、初めて顧客が生まれ、市場が生まれる。
・・・

事業の目的は顧客の創造である、というのは世界中に知れ渡るドラッカーの名言だが、この本が日本で発売されたのはなんと、私が生まれた年である。
1954年(昭和29年)。

この本でドラッカーは経営者に三つの覚悟をもつよう我々に迫っている。
ひとつは、企業家的でなければならないということ。
企業家的と相対する言葉として、官僚的・管理的・政策立案的をつかっているが、そうあってはならないと戒めよう。

ふたつめの覚悟は、環境適応的な仕事ではなく、環境創造的な仕事でなければならないという覚悟である。
経済に適応するだけでなく、自らが経済を創造したり、経済を変革しようとしているとき初めて事業をマネジメントしていることになる、とドラッカー。
中小企業だからとか、うちは個人事業なので、といった規模を言い訳にするのでなく、仮に一人の自営業者であったとしても経済を変革しているんだという覚悟と気概をもつ必要があるだろう。

三つ目の覚悟、それは業績のみで評価される立場であるということ。
つまり決算書だけで評価されるという立場を自覚すること。
赤字ですが技術力には自信があるとか、倒産しかかっていますがブランド力は一流ですといった言い訳は通用しない。

では顧客創造を計画するうえで私たちは何を考え、決断していかねばならないか。
それについては昨夜、こちらのYouTube動画に収録した。
顧客創造をしようという方は、メモとペンを手にこちらの動画をチェックしていただきたい。

★動画『コロナ対策:それは顧客創造の原点に立ち返るとき』

-その他

関連記事

論語と算盤より その3

no image

公園の父

東京に行くと皇居周辺を歩きたくなることがある。そんな日は自然な流れで日比谷公園にも行く。 あるとき、「この公園は江戸時代からあったのだろうか?」ということが気になり、スマートフォンで調べてみた。すると…

続きを読む

no image

パターン認識

長州の人、薩摩の人

no image

プロフェッショナルということ

いかなる分野であろうとも、プロフェッショナルになるということには、多大な努力や自己規律が必要だ。その一端を知る上で、若き日のドラッカーの体験談がおもしろいのでご紹介しよう。彼が新聞社の論説委員をしてい…

続きを読む

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _