ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

★ 1.テーマ別 その他

パレアナ

投稿日:


女性起業家の K さん とランチをご一緒した。ひつまぶしの店に行ったが長蛇の行列だったため、「矢場トン」にした。ここの味噌カツはほんのり甘く、肉質も上等でうまい。

「最近、Kindle で電子出版してるんですよ。小説を書きましてね」と言いかけたら、「ウオダイ物語は発売日に買ってすぐに読みました。Amazon にも書評をあげましたが、★五つです」と言われた。

書評がペンネームだったので気づかなかった。

K さんは子どものころから本が大好きで話題の本やベストセラーは大半読んできたという。必要に迫られて速読をマスターされたそうだ。たとえば『ダ・ヴィンチ・コード』(上中下巻あわせて約 1,000ページ)なら、夜 10時頃から読みはじめて午前 2時ごろには読み終わるという。私はあの本はひと月ぐらいかけて読んだ気がする。ひとたび本を読みはじめたら読み終わるまで眠くなることは決してない、という本の達人だ。そんな K さんが「ウオダイ物語は面白かった」と言ってくれたのは励みになる。

考えてみたら私も子どものころ、図書館にあった『宮本武蔵』(吉川英治)を借りて読むうちに時代小説や剣豪小説に目ざめていった。やがてそれが『国盗り物語』になり、司馬遼太郎ワールドにのめりこんでいく。したがって私のメンターは武蔵であり、龍馬であり、道三であり、信長であり、継之助であり、松陰であり、晋作である。

興味が湧いてきたので K さんにも聞いてみた。「今までのベスト本はなに?」

するとまったく予期せぬ答えが返ってきた。はじめて聞く本である。『少女パレアナ』という。どなたの訳なのか聞きそびれたが、Amazonで村岡花子訳本を購入した。愛と感動の不朽の名作とある。読んでみよう。

-★ 1.テーマ別, その他

関連記事

秋山ジョーさんとお目にかかりました

no image

中間レビュー大会

続・浦澤専務の前に立ちはだかるプライバシー

社員研修で行商販売

Rewrite:2014年3月30日(日) オフィスで仕事をしていたら、「おはぎを買ってくれないか」と行商販売がきた。普段は飛び込み訪問には応対しないのだが、好物のおはぎであることと、物珍しさから私自…

続きを読む

Xmas の朝、Google Homeがとどいた

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _