ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

続・無断でラジオ出演した芸人

投稿日:

NHK の朝ドラ『わろてんか』が佳境に入っている。人気落語家・桂春団治が吉本興業に無断でラジオ出演する場面だ。
(ドラマの脚本では春団治が吉本の社長に「ラジオに出る」と仁義を切っているが実話とは少々異なるようだ)
朝ドラの成り行きをハラハラしながら楽しみたい方は今日のメルマガをお読みにならない方がよい。(ネタバレあり)

大正の終わりから昭和の初めにかけてラジオが一気に普及した。国民の娯楽はラジオから聞こえてくるニュースや読みもの(物語)、落語などに夢中になった。そのころ、高校野球の中継も始まっている。
それは昭和2年のことだ。

だが、阪神電鉄はそのとき、NHKに対してラジオ中継をやめてほしいと申し入れした。中継されたら観客が減ると思ったから。
ところが、NHKがそれを拒否して中継を始めると、客が甲子園球場に殺到するようになった。NHKさん、ありがとうございます、と阪神電鉄は手のひらを返して中継に感謝した。

ラジオ中継で観客が減るどころか、中継のおかげでファンの関心が高まって、生で見たいという欲求が高まったわけだ。果たしてこのことを吉本興業や春団治がどの程度知っていたか?同じ関西なので、甲子園の入場が増えたことは知っていた可能性が高い。

だが、吉本の社長以下、幹部は「芸人がラジオに出たら寄席に人が来んくなる」という意見で一致していた。
しかし、NHK が提示した170円(今の85万円)という高額なギャラに目がくらんだか、春団治はラジオ出演した。
吉本と春団治は険悪な関係になった。このまま両者は仲違いしてしまうのだろうか?

しかし、吉本の寄席で思わぬ異変が起きていた。
甲子園と同じことが起きたのだ。ラジオを聴いたファンが寄席に殺到した。ラジオだけで満足せず、春団治を生で観たい、落語をライブで聴いてみたいというファン心理が爆発したのだった。

吉本の幹部は、社長の林正之助に進言した。
「ラジオの力を認めないわけにいかない」と。吉本は春団治と和解した。今ではメディアともっとも友好的な関係をもつ吉本興業だが、そのきっかけが、この春団治ラジオ出演事件だったわけである。

-その他

関連記事

今年観た17本の映画

反応上々!「バレットジャーナル活用術」

no image

憤る(いきどおる)気持ち

1~2度お目にかかったことがあるからという理由だけでその人のことを分かったつもりになると失敗する。雑談や対話だけではその人の真価がわからないことが多いのだ。 致知出版社の藤尾秀昭社長もそのお一人で、こ…

続きを読む

名は体を表すというが・・・

一年の半分を休みにするレストラン

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _