ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

★ 1.テーマ別 ★ 5.実話ベース物語 7.自己変革

ケロッグのコーン・フレーク

投稿日:

Rewrite:2014年3月21日(金)

時と場を得ることで、かくれた才能を開花させ、偉大な経営者にのし上がる例は多い。
ウィル・ケロッグが自分で事業を起こそうと決意したのは、46歳のときだった。内向的な性格のために友人もほとんどなく、いたって無趣味で、めだった才能もなかった。彼はこの年令になるまで、医者の兄のもとで薄給で働き続けた。

あるとき兄弟で、患者に食べさせるシリアル食品の工夫をしているうちに、コーンフレークの製法を発見した。ウィルはこの製品を大量販売しようと兄に提案するが、許してくれない。やむをえず、兄から特許を買い取り1906年に会社を設立した。

兄のもとでは内向的で目立たない存在だったウィルも、新会社の社長に就任してからは、どこにそれほどの才能がかくされていたのか、と周囲がおどろくほどの手腕を発揮しはじめた。新製品のコーンフレークをあっという間に世界的食品に育て上げ、アメリカでも指折りの大富豪となったのだ。

成功する以前のウィルは、だれからもまったく目立たない人間だと思われてきた。むしろ、彼のことをよく知る親や兄弟、親戚や友人といった人ほど、彼の将来性に気づいていない。誰もが彼の内面にひめた自信や、かれのもつ夢については知るよしもなかったのである。
自分で自分を信じていさえすれば他人がどうあれ、少しも成功を左右するものではない。

ウィル・ケロッグのように大化けしてみせよう。そうだ、コーンフレークを毎朝食べて彼のことを思い出そう。

ケロッグ コーンフレーク

 

 

-★ 1.テーマ別, ★ 5.実話ベース物語, 7.自己変革
-,

関連記事

5/10 Evernote 活用の夕べ

経営理念が浸透しないとき

そんな会は辞めろ!

no image

しっくりこさせる

こんなメールが届いた。「先日の武沢さんの講演で、”良い会社像”や”良い経営者像”というものを自分の手で完成させろ、とありましたので、さっそく私も作ってみ…

続きを読む

no image

和僑会と筒井会長

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _