ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

その他

退屈とスペイン風邪

投稿日:

退屈とスペイン風邪

●友人のA氏とB氏と私の三人でZoom飲みをした。

A氏の親友男性(40歳)は昨年の夏、スペインで結婚式をあげたそうだ。
お相手は友人が経営するお店で働くスペイン人で年の差20歳の情熱恋愛の末のゴールインらしい。
A氏も日本から駆けつけたそうだ。
ラ・コンチャ・ビーチというスペインでも人気のビーチリゾートでの結婚式だったわけだが、一緒に参加したA氏の奥様はこのリゾート地に感動し、再来年の「錫婚式」(すずこんしき)の旅行でまたここに来たい、と言い出したそうだ。

★ラ・コンチャ・ビーチ
https://www.excite.co.jp/news/article/Tabizine_275643/

●それにしてもぎりぎりのタイミングだった。
もし挙式が半年あとだったら結婚式すらあげられなかった可能性がある。
スペインも新型コロナ感染がふたたび深刻な状況になっていて入国者制限をしている状況だ。

●もうひとりのB氏は毎年1~2回タイに旅行するのが生きがい。
タイの風土、人柄、料理、自然、すべてが大好きらしい。B氏の家族は全員がダンスやバレエを楽しむそうで、ダンス用・バレエ用シューズの有名ブランドがタイにあることからバンコク市内の専門店で買って帰るのがB氏の役割。
しかしコロナだ。
4月に予定していた旅行が延期されたまま次の訪問日程のメドがたっていない。
タイで靴が買えないことから、ダジャレ好きのB氏いわく「これが本当のタイクツ」。

●冗談を真に受けるタイプのA氏は、「タイクツの語源ってタイの靴なの?」と信じかけていた。
私はあわてて由来をかいつまんでお話ししたわけだが、「退屈」とは仏教用語。
修行の日々に身体も心も疲れはててしまい、修行に立ち向かう心が萎えることを「退屈」という言葉で表した。
そこから、飽きて時間を持てあますことを「退屈」と表現するようになった。
決して「タイの靴」ではない。

●大笑いする三人。

最近冷房を効かせすぎてノドをやられていたA氏はZoomミーティングの間、しきりにせき込む。
それをみてB氏はふたたび冗談を言ったわけだが、さすがに今度はすぐに見やぶられた。

「Aくん、それってスペインで拾ってきた風邪じゃないよね?もしそうなら、それが本物の『スペイン風邪』だよ」

今度はだれも笑えなかった。

-その他

関連記事

とても不運な日曜日

no image

二軍が強いか

信長の真意はどっち?

●自社が存在することの目的や、今後目ざすものを簡潔に文字表現したものが「経営理念」である。 経営理念が存在しない会社はなく、そのことに気づいていなかったり成文化されていないだけのことだ。すべての会社に…

続きを読む

社会に感じる怒りを前に

no image

武士道

『葉隠入門』(新潮文庫)の作者・三島由紀夫は次のように語る。 ・・・ なによりもまず外見的に、武士はしおたれてはならず、くたびれてはならない。人間であるからたまにはしおたれることも、くたびれることも当…

続きを読む

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _