ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

未分類

弱者の戦略

投稿日:

●つい数年前は、本を書きたくてもゴーストライターの仕事しかなかった。
「ランチェスター経営戦略で有名な竹田陽一先生のゴーストなら書いてもOK」と出版社から電話をもらった。

●ゴーストライターだから自分の名前は一切、表にでない。しかし、本の売上げ次第では何十万円かの収入にはなるだろう。
「引き受けるべきか、断るべきか」とためらっていたら、背後から奥さんが「やりなさい、うちにはお金がないんだから」と言った。

●その声に押されて「やります」と言ってしまった。

その人の名は栢野克美(かやの かつみ)。今では彼の名は全国的に有名になったが、わずか6年前までは、九州の栢野、いや、博多の栢野だった。

●幸い、著者の竹田陽一先生が気を利かせて「共著にしないか」と言ってくれた。
出版社のフォレスト出版もしぶしぶそれに了解を出した。その本が期待以上に売れた。印税収入は栢野家の家計を潤し、奥さんを充分安心させた。

●その出版が契機になって弾みがついた。
あれから6年、今では栢野の名前の冠つき本の方が売れる。最新著も冠付きで、『栢野克美の 弱者の戦略』(経済界)という。

私も読ませてもらったが、タイトルの通り「弱者の戦略」の事例集のような本で一気に読める。ところどころにゴーストではないがライターが書いた箇所があり、ついに栢野がゴーストを雇う側になった。
これが栢野流「大逆転」だ。

●10数年におよぶ九州ベンチャー大学開催(福岡にて)や年間百回にもおよぶ講演、過激なブログやメルマガ、著書のヒットなどの影響で、ゴーストの話しかなかった栢野克美が完全にメジャーになった。
なぜ彼がメジャーになれたのかもこの一冊に詳しい。

●「弱者の戦略」とはランチェスター戦略のなかでつかわれる用語。
トップシェアの者を強者というのに対し、それ以外の者は皆、弱者だ。
弱者の戦略は、徹底してしぼりこむこと。
商品をしぼり、地域をしぼり、客層をしぼることである。

●個人でも会社でも、特色ある活動をしているところは皆、弱者の戦略をとっている。意識してそうしている場合もあるし、無意識の場合もあるだろう。

●この本は現代版『西国立志編』(スマイルズ著)のような本だ。
明治の初期に多くの若者がむさぼり読んだ名著で、現代語訳では『自助論』と訳されているあの啓蒙書のテイストに似ている。

ご一読あれ!

★弱者の戦略?人生を逆転する「夢・戦略・感謝」の成功法則
栢野 克己 (著) http://www.amazon.co.jp/dp/4766784359/

—————————————————————-

★マンダラ手帳初日(10月14日)の受注数

・黒 10冊
・茶 3冊
・緑 4冊
・ピンク 6冊
・ゴールド 7冊
・A5サイズ(黒) 5冊

合計35冊でした。在庫はあと65冊です。

『がんばれ社長!通販』で買うマンダラ手帳(限定100冊)
⇒ http://ganbare.pk.shopserve.jp/SHOP/259101/list.html

-未分類

関連記事

no image

元旦決意表明

新年あけまして、おめでとうございます。今年も「がんばれ社長!」は、あなたとともに走ります。どうぞ、よろしくお願いします。一年の計は元旦にあり、と言いますが、あなたは元旦の今日、どのような計をお持ちです…

続きを読む

no image

たかが、されど

no image

問題→課題→インパクト

no image

デザインが命なのは・・

no image

読者メール 小泉総理考

まず、東京の松本さんから頂戴したメールをご紹介したいと思います。ご本人の事前了解が得られていませんので、フルネームは差し控えました。《   》 内は、私の補足と感想です。 ・・・小泉内閣のメルマガ発刊…

続きを読む

検索

【新入社員の皆様へ】頼まれてもいないのに勝手に激励講演してみました!!

マーケティングを考える【おじいさんが買ったモノとは】

野菜や果物が教えてくれる過酷な環境の大切さ

amazon検索

  • 今日のPV数 : _
  • 今日の訪問者数 : _
  • 総PV数 : _