Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

宅配便は月に何個届きます?

   

今月、あなたのオフィスや自宅にはAmazonや楽天などのネットショ
ップで買った品物が何回配送されただろうか。

わが社では、「ティッシュがない」「水がない」「コーヒー豆がない」
「プリンターのトナーがない」となると、すぐその場でAmazonの買い
物カートに入れてしまう。
その結果、今月Amazonから荷物が配送された回数は29回。一日一個以
上のペースである。

5月はもっと多かった。月間で39回も荷物が届いた。
荷物の半数近くは本だが、この数はいまだに増加傾向にある。さら
いえば、Kindle電子書籍をダウンロード購入した数はカウントしてい
ないし、自宅に届く荷物(おそらく毎月数個)も含んでいない。こ
は私がコンビニに行く回数とほぼ互角である。

あきらかに平均よりも多いと思うが、実際のところはどうなのだ
うか。世界で最もネット通販が普及している国はどこだろう?
アメリカか、それとも中国か、はたまたヨーロッパか日本なのか?

先ごろマッキンゼーの調査によってその実態がわかった。各国の
民一人あたりネットショッピングにおける年間受け取り個数(回数
があきらかになったのだ。
ネットが好きな日本や韓国のデータが抜けているのが気にはなるが
参考になるデータだ。

◆1人が1年間で受け取る荷物、国別の平均個数

国名 個数(年間)

・中国 70以上
・ドイツ 24
・イギリス 22
・アメリカ 21
・アイルランド 15
・オーストリア 14
・オランダ 12
・スイス 9
・スウェーデン 6
・イタリア 2
・インド 1以下
・ベトナム 1以下

※中国は、北京ならびに上海の2都市における年間の受け取り荷物推定
の個数。
したがって中国全土で国民ひとりあたり70個以上も受け取ってい
わけではない。

※参考サイト(Forbes Japan)
https://forbesjapan.com/articles/detail/28020/1/1/1?s=ns

何個が妥当な数なのかは分からないが、まだまだ伸び代は充分に
る。もし中国やインドなど、アジア全域にネットショッピングが広
れば、桁違いな市場規模になるだろう。越境ECなどの海外通販やイン
バウンドビジネスに妙味が充分残されていそうだ。

日本の現状も気になるので調べてみたら、国土交通省が年間の宅
便個数を発表していた。それによれば、2017年で42億個の取り扱いが
あったという。これにプラスして「メール便」の52億冊を加えると合
計96億個。これを日本の人口(約1億人)で割れば、ひとり10個弱とい
う計算になる。アメリカ並みの20個くらいはあると思っていたので意
外なほど少ない。

「がんばれ!社長」には年間400個ほどの荷物が届くので、運送業者
にも抜群の知名度がある。
不在通知が入っていても「がんばれ!社長です」というだけですぐ
再配達してくれる。だが、ご近所でも年間に100個以上買うところが増
えれば、いつまでも有名な会社ではいられなくなるだろう。

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - その他