Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

A君、赤坂高級クラブ事件 ※実話ベースフィクション

   

「君の独立を祝いたい」
X・Y両氏から声をかけられたA君はそのころ30才になったばかり。
一級建築士の資格をもち社交性もあって営業センスも抜群なA君は大手
ゼネコン幹部のX・Y氏たちから可愛がられていた。

「ぜひお願いします」
A君が連れて行かれたのは赤坂の小料理屋だった。
年齢が一回り以上先輩のX・Y両氏はA君のためにたくさんの助言を与え
た。ひとつひとつが身にしみた。最後には記念の置き時計までプレ
ントされ、しかも飲食代も二人の先輩もち。恐縮しながらA君が店を出
ると、X氏が「もう一軒寄っていこう」と言った。

「もちろんです」
連れて行かれたのは赤坂の高級クラブだった。A君が普段行きなれてい
る感じの店とはまるで違う。内装や調度品、ホステスの年齢、ドレス、
メイクなど何から何まで別次元。
「黒革の手帖」などのドラマでよくみかけるような光景だった。

「先輩、すごいところをご存知なのですね」
運良く店は空いていてひと組しかいなかった。普段なら1テーブルに一
人か二人の女性しかつかないが、その日に限っては一人に一人ついた。
「当たり前だ、おれはこういう店しか知らん」と笑うX氏。Y氏は小料
理屋の段階から酔いがまわっているようで、「A、今日はあなたの門出
を祝ってトコトン飲むぞ。ママ、ドンペリ出して」と快調に飛ばす
「ドンペリは何にされますか?」とママ。
「とりあえずピンドン2本!」とY氏。

ひと組しかいなかった客も帰っていった。いつしかクラブ中のホ
テス15人ほどが彼らのテーブルに集まってきた。
「じゃあピンドン2本追加」とY氏の暴走は止まらない。
(ピンドンって10万円以上するのではないか、いか、2~3万だっけ?
どっちにしたって今夜は大変だぞ)とA君は思った。

「私は水割りをください」「私はボルドーの赤を」
ホステスが欲しいドリンクを注文する。店は貸し切りのパーティ状
になってきた。いつも盛りあげ役のA君は、その日、誰よりもハイペー
スで飲み、語り、はしゃいだ。

二時間後、祭りは終わった。ホステスの半分はすでに帰っていた
残されたのはママと数人のホステス、それに酩酊状態の彼ら3人だけだ
った。

「ママ、お勘定」と言うX氏のろれつも回っていない。Y氏にいたって
はひとりで歩くこともできないほどの泥酔ぶりだ。数分してママが
に戻り、勘定書きをテーブルの上に裏返して置いた。

「ついにこの瞬間が来た」
A君は相当な出費になることを覚悟した。
起業したばかりでお金の余裕はまったくない。財布の中には3万円入っ
ているが、それだけでは足りないことは分かっていた。
先輩が勘定書きを手に取るものと思っていたが、なかなか取ろうと
ない。
変だなと思ったA君はX氏を見た。すると目が合うなりX氏は言った。

「A、その金額を見ずに、自分が払いますと言えるか」
「えっ、僕がですか?」
いつしかA君は呼び捨てにされていた。
「そうだ、この瞬間からお前は給料制のサラリーマンじゃない。経
者だ。この店にも顔を売っておく必要があるだろうし、何より、俺
ちにも接待すべきじゃないのか」
(むりです、むりです、うわぁ、最悪の展開だ)
そう思いながらもためらってばかりはいられない。
「NO」ならNOで明確に断るべきだ。中途ハンパな「3人ワリカンを」な
どとは言えない空気があった。

「私が払います」
ほとんど瞬時にそう口にしていたA君だった。

「わかった。ここはご馳走になる。勘定書きを見てみろ」
X氏にそう言われ、内心で恐る恐る、表面的には堂々と勘定を見た

「¥1,097,781也」

と書いてあった。

吐きそうになった。
このお金でMacもコピー機もFAXも電話機もなにもかも買えてしまう。
それが一瞬の酒代に消えた。

(そもそもこのカードで落ちるのか)
A君はまっさおになっていた。

<明日につづく>

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - その他