Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

こだわりとかけてコレステロールと解く。その心は・・・

   

※文中の個人名・店名は架空のものです。

「ご祝儀に新札を」という人も多い。そんなとき頼りになるのが
行の両替機。店によっては新札で両替してくれる。
しかし昨年から11枚以上の両替は有料になった。たまにしか使わない
私にとっては無関係の話題だが、毎日お客さんに渡す釣り銭を新札
していたお店にとっては一大事である。

「花山君、この給料が新札で払われなくなったらウチの会社が危
いと思ってくれ」

当時20歳だった花山弘は勤務先の理髪店の店主にそう言われた。
店主の苗字をとって「伊吹」という名の理髪店だった。伊吹では、
客に渡す釣り銭も、社員に手渡しする給料もすべて新札をつかって
た。それが店主のこだわりのひとつだったのだ。

それから20年経った昨年、「伊吹」は廃業した。廃業の2年前に店主
が亡くなったが、店主逝去の翌月から給料が旧札になったことに気
いた花山。
まさか本当にその後、すぐに廃業に追い込まれるとは・・・。

花山は今、理髪「花山」を経営している。私はそこの常連だ。
いつも新札で釣りをくれる。毎日何十枚もの新札を確保するのは大
らしいが花山は私に言う。
「武沢さん、うちが新札を出さなくなったときは危ないと思ってく
さい」

花山はまだ40歳と若いのに、そういう古風な考えをもっているとこ
ろが気に入っている。だがあえて私はこう言って彼を冷やかした。

武沢:新札もらって喜ぶお客さんってどれくらいいるのだろう?
花山:それは分かりませんが、嫌がるお客はいないでしょ
武:実は新札だと数えにくくて使いづらいときがある。僕はあまり
れしくないんだ(半分ホンネ)
花:だったら武沢さんにはヨレヨレをお渡ししましょうか?
武:ヨレヨレとか、端っこが折れ曲がったりしているのもイヤだな
花:そうでしょ
武:紙幣にこだわるより早くキャッシュレス化してほしい
花:武沢さん、うちがキャッシュレスをやりだしたら危ないと思っ
ください
武:おいおい、そこまで言うのか。ホームレスもキャッシュレスの
があるというのに?
花:新札で渡す。一見意味がないように思えることに固執するから
そ「こだわり」っていうのでしょ
武:たしかに。でも、コレステロールみたく、こだわりにも善玉と
玉があるよ
花:こだわりとかけてコレステロールと解く、か。
武:その心は、どちらも善悪があるでしょう。形より心。スタイル
りマインド。新札を渡したいという精神さえ忘れなければ、形式
は変化してもよいと思うけどな
花:なるほどねー

花山は何をいっても新札を出す。私はそう思っているからこそあ
てやめろと言ってみた。
本当にやめたとき「花山」は危ない。

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - その他