Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

年賀状イノベーション

   

「最近、年賀状はどうされてます?」と床屋の大将。
「ご無沙汰しちゃってるよ」と私がいうと、大将が得意そうにこう言った。
「うちなんか客商売でしょう、年賀状って結構力を入れてましてね、枚数は年々増える一方で、去年はついに300枚を超えましたよ」
「結構な数だね」と私が言うと「なあに、半数は安否確認ですよ」と笑う。

朝から晩まで店に立ちつづけ、よく300枚も発送できるものだ
奥さんにやってもらっているのかと思ったが、奥さんは勤めに出ており、家族の年賀状で精一杯だそうだ。

「いつ書くの?」と尋ねると、大将は「フッフッフ」とほくそ笑んだ。
「武沢さんともあろう方が、少々時代遅れじゃありませんか。僕なんざここ何年ものあいだ、年賀状を買ったこともなければ、印刷もしないし、ポストに投函したこともありませんよ」と妙なことを言う。
「買わない、投函もしない、どうやって年賀状を送るのよ。ひょっとして年賀メール?」と私。

「郵便局のホームページを一度ご覧になってください。民営化されて何年も立ちますが、彼らの本気さをホームページで感じ取ってやってくださいよ」

大将曰く、年賀状の文面印刷から宛名印刷まですべてオンラインで入稿でき、印刷も郵便局任せ。もちろん、投函も不要。
同様のサービスはコンビニやオンライン印刷会社でも行われているらしい。

「そうなの?全然知らなかった」
「興味がないとそんなもんです。私は担当者が熱心に足を運んでくれるので、郵便局に肩入れしてますがね」と大将。
私が感心していると、「武沢さん、すごいのはそれだけじゃありませんよ。先だって我が家では、郵便局のホームページでみかんを買っちゃいましたから」という。

郵便局のみかん通販ページがこちら。(みかん以外もたくさんあり
→ https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/c/c10040113/

勝ち誇った表情の大将が最後にこう言った。
「今年はお歳暮も郵便局を使うつもりなんです」
毎年デパートから送っていたお歳暮をこちらの郵便局サイトから送ることにしたらしい。
「アマゾンのライバルは意外に郵便局だったりしてね。外資にやられっぱなしですから、一矢報いてもらいたいもんだ」と大将。
→ https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/oseibo.aspx

とにもかくにも、テクノロジーはいたるところで進化している。
年賀状から遠ざかって数年になるが、年賀サービスが様変わりしていた。浦島太郎になった気分だ。
床屋の帰り道、「久しぶりに年賀状でも出してみるかな」と思った
それに、みかんも気になる。

★郵便局の年賀状サービス
http://ganbare.biz/comon/ganba3

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - ★ 1.テーマ別