Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

【PR】「人事評価制度」の本当の目的を知っていますか?

   

「仏作って魂入れず」という諺があるが、「経営計画作って人事評価制度を作らず」も同じ意味で使うべきかもしれない。

経営計画を作っても実行してくれないのですよね、と首をかしげる社長がいる。
やっても褒められないし、やらなくてもお咎めなしなら、やらなくて当たり前だろう。

最近の社員はハングリーじゃないから、昇給や昇進をちらつかせても動かない、と手を焼く上司もいるが、若い社員が無気力なわけではない。

興味あるテーマに関しては夢中になれるのは人間だれしも同じ。
夢中になるものの対象が昔と変わってきただけのことなのだ。
そこで、組織に新しい仕組みを導入しよう。

定期的に仕事を評価し、社員の成長を支援する仕組みをご提案したい。
仕事はおもしろい。
挑戦し、成長することは楽しいと思えるような職場風土ができたとき、あなたの会社の生産性は改善され、社員の働き方は変わっていく。

そういう点で私は、人材育成目的の評価制度を訴えつづけておられる日本人事経営研究室の活動はすばらしいと思っている。
小さい会社ほど、経営計画書と人事評価制度で変われると山元代表
累計10万部を超え、全国にもファンが多い山元代表の最新レポートが手に入るお知らせはこちら。
また、山元代表自らが講師をつとめるセミナー情報もあわせてチェックしよう。(武沢)↓

↓     ↓     ↓     ↓

中小企業で、「人事評価制度」の必要性が高まっています。

働き方改革や生産性の向上に取り組まないと、生き残って行けない時代になったという理由も大きいでしょう。

しかし、「人事評価制度」の目的を誤って導入したため、うまく運用できずに取り組みをストップしてしまった、という中小企業も後をたちません。

今日は、
・これから「人事評価制度」に取り組む
・「人事評価制度」を導入したがうまく運用できていない
いずれかに該当する方へ、成果につながる「人事評価制度」の考え方をお伝えしましょう。

「人事評価制度」は、ズバリ“人材育成の仕組み”です。

「人事評価制度」を通じてあなたの会社の人材を成長させることができます。

しかも、会社が求める人材像に向かって全社員が着実に成長していくのです。

中小企業であれば、社員育成はこれだけで充分です。
研修や教育を行う必要はありません。

この仕組みが、日本人事経営研究室が確立した「ビジョン実現型人事評価制度」です。

この仕組みの考え方と成果を出す秘訣をまとめた『無料レポート』を限定30名様にプレゼントしています。

お申し込みはこちらから。
↓↓↓
http://03auto.biz/clk/archives/dkbnni.html

また、日本人事経営研究室では、代表の山元浩二が講師を努めるセミナー、
「小さな会社の人を育てる人事評価制度のつくり方」セミナーを毎月開催しています。

本セミナーでは、実践ツールを活用しながら「人事評価制度」を通じて人材を育成し、「経営計画」の達成につなげるまでのプロセスをお伝えしています。

詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://03auto.biz/clk/archives/lgwyzu.html

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - PR(武沢おすすめ広告)