Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

出版デビュー秘話

   

2002年の今ごろ、出版社の女性編集者 S さんと都内のホテルで初めてお目にかかった。私のメルマガを日ごろからチェックしておられたようで、「武沢さんの原稿を本にしたい」とおっしゃる。

その半年前、同様のオファーを別の出版社からいただいた時には、「印税は8%、著者購入分が1000冊」というのが条件だった。
そのときは破談になっている。今回も同じような話なのだろうか。

カフェでこんな会話をした。

武沢:私の原稿が本になるのですか?
S:はい、なります。
武:編集会議は通す必要があるのでしょ?
S:内諾を得てありますから通らないなんてことはありません。
武:条件は?
S:印税は8%、増刷分は10%です。初版は5000部の予定です。
武:著者購入は条件に入っていますか?
S:いえ、その必要はありません。
武:実際問題、売れるのですか?
S:はい、売ってみせます。
武:私は何をすればいいですか?
S:9月末日までに原稿を仕上げていただきたいです。タイトルは『経営の教科書』でいきたいと思っています。
武:わかりました。やってみます。

小一時間のミーティングはテンポ良くすすんだ。

メルマガとは違って本にするのは大変な作業だった。今のように優れたライティングソフトがない時代。ワードや一太郎の編集機能をつかえば構想をしっかり練られるのだろうが、使い方がわからない。
エディター1本で220ページ分の原稿作りに挑戦した。

実際には、メルマガは2000~3000文字なので、超短編小説のようなもの。初めて長編小説に挑むようなものである。

結局、脱稿したのは当初予定よりひと月以上遅れてしまった。書店に並ぶ日の10日前まで原稿に手を入れていたのを思い出す。
その日は私が目黒で講演しているのを聞きつけた S さんが講演会場に現れた。
講演中に S さんの姿を見た私は「今日こそ逃げられない」と思った。
講演会終了後、ドトールに缶詰めになって23時過ぎに原稿データを彼女に手渡した。「あとは私どもの仕事ですが、武沢さんもメルマガでのプッシュをお願いします」と S さん。

私にとっては女神のような編集者だった S さんは今、結婚して家事に専念されているそうだ。

気になっていたことがあったのでそのとき聞いてみた。
「私はメルマガを通して無料でメッセージを配信しています。その気になればバックナンバーをホームページで読むこともできる。
なのに、同じ作者が書いた同じ主旨の原稿を本屋で買ってくれる人があらわれるものですかね?」

今でこそ、メルマガ作家が本を出すなんてことは当たり前だが、この当時、ほとんど事例がなかった。
出版社としても初めての試みだったはずだ。にもかかわらず S さんは時代を読み切っているかのような名言を吐いた。

「レコードを聞いた人はライブに行きます。気に入ったアーチストのライブには何度も足を運びます。『坊っちゃん』を読めば、次は『猫』も読みたくなります」

本の発売日がきた。
沖縄での出版記念講演のあと、名古屋でも出版記念セミナーを開いた。
そこには出版社が花輪の提供をしてくれただけでなく、Y 社長自ら会場にお越しいただいた。
そしてこんなスピーチをされた。

「一般的な著者の方は、ご自分の本をあまりアピールしたがらないのですが、武沢さんは違います。メルマガでがんがん書かれるので、今朝アマゾンで品切れを起こしてしまい、あわてて全国の書店の在庫をかきあつめているのですが、書店も販売が好調なので増刷することがさきほど決まったところです」
会場から拍手が起こり、閉会後、旧知の経営者が私を胴上げしてくれた。

翌週、東京で S さんと祝杯をあげたとき、彼女は謙虚にこう言った。
「私にとっても久しぶりのスマッシュヒットになりました。おそらく今後、たくさんの執筆依頼が舞い込むかと思います。当社で武沢さんを拘束できるとは思っていませんが、せめてもう一冊、来年もうちから出させてください」

それが二冊目の本『朝10分 熱い経営実現シート』になった。
二冊目はかなり上達し、思い通りの原稿を期限内に書き上げることができて S さんに迷惑をかけることはなかった。こちらも増刷となった。
一部の会社では朝礼や社員教育に使って下さったと聞く。
ある上場企業(渋谷のネットベンチャー)の朝礼でこの本が使われている現場を見学したこともある。

本を出すということが長年の夢だった私にとって、この2002年の思い出は特別なものとなった。

7冊目の本が来月にでる。
和僑会を起ち上げた筒井修ファウンダーと和僑会の初期からのメンバー白川博史先生との共著で『和僑会を起ち上げた男たち』(仮題)という。アジアの息吹を感じ取っていただけたら幸いである。

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - その他