Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

経営者の現実

      2014/08/04

Rewrite:2014年3月21日(金)

ドラッカーが『経営者の条件』で指摘している経営者の避けがたい現実、それは次の四つである。

1.経営者の時間は、他人に奪われる宿命にある。

計画的な予定以外に、突然のクレーム発生、訪問者への対応、社員への指示や報告・連絡・相談への対応、種々雑多の電話対応や、日に日に増える電子メールの処理、などなど、あなたの時間はなさけ容赦なく他人に奪われている。

2.経営者は、よほど強い意思でもって時間を割かないかぎり、日常業務ばかりに追われる宿命にある

経営者が関心をもつ仕事は、特定部門に関するものにかたよるものだ。

3.経営者の能力とは、社員によって実現され、成果にむすびつくものである。

社長の方針が的確であっても、社員の動きが不的確であれば、期待通りの結果は出ない。したがって、方針が悪かったのか、社員の動きが悪かったのか、原因が特定できないときがある。

4.経営者の興味関心は内向する。

経営者が一番よく見聞きするもの、それは常に組織内部の問題だ。人の問題も資金の問題も、急を要するものすべてが内部である。しかし、利益をもたらしてくれる存在は顧客や取引先など、外部にいる。また、世の中の変化や技術の進歩発展、競合相手の動向など、あすの利益につながるヒントも外部にある。にも関わらず内向してしまうものだ。

あるガソリンスタンドの社長は、営業たたき上げで社長になった。そして、今の販売不振は営業活動の問題であるとし、接客教育や販売促進策に取り組んだ。この社長、上記2のワナには、はまらなかったものの4のワナにはまっている。ガソリンスタンド業界そのものの方向性を見据えた方針は今でも出ていない。

上記四つの経営者の現実を肝に銘じておこう。

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - 4.経営管理, 7.自己変革, ★ 1.テーマ別 , ,