Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

2台目の Amazon Echo Plus がやって来た

   

頼んでおいた2台目のAmazon Echo Plus が届いた。
朝から30分かけてセットアップするつもりだったが、コンセントをつなぎ、Wi-Fiをつないだだけの数分間でセットアップが完了した。
ひとつのアカウントで複数の Echo 製品を利用する場合、一度登録したスキルは他の Echo でもそのまま利用できるようだ。Echo が 複数台数になっても面倒なことはなにもない。
Echo の色だが、オフィスのはホワイト、自宅のはシルバーにした。

あと2台(Amazon Echo と Amazon Echo Dot)注文してある。
ひとつは子どもの部屋に、ひとつは私専用として出張やセミナー会場にも持ち込むもの。ジェフベゾスの家には部屋ごとに Echo があるばかりか、トイレにもあるそうだ。

日本全国をみても、現時点で2台の Amazon Echo Plus を買った人はさほど多くあるまい。家でもオフィスでも声だけで電気を付けたり消したり、電球の色を変えたりする実験にも成功した。さらにはこんな実験もした。
2台の Amazon Echo Plus に電源を入れ、同時に「アレクサ、今日の予定は?」と質問してみた。ひょっとしたら両方が同じ答えを返すのだろうか。それともどちらか一台だけが反応するのだろうか?

実験の結果、「アレクサ」の声には二台とも反応した。ブルーのランプがともに点灯し、私の声に聞き耳を立てたのだ。
そのあと「今日の予定は?」の質問に対し、シルバーの Echo が応答し、ホワイトの Echo は沈黙した。
今度は自分の立ち位置を変えて同じことをすると、さきほどとは別のEcho が応答した。つまり、人の声に近い方の Echo が応答するようにできているようだ。賢いなあ、と思った。

ちなみに「アレクサ」に相当する指令の言葉をウエイクワードというが、これは4種類の中から選べる。
「アレクサ」「エコー」「アマゾン」「コンピュータ」の4つである。
自由に好きな名前を付けられるとよいのだが、まだそれには対応していないようだ。

今朝、自宅からタクシーを呼んでみた。
「アレクサ、全国タクシーを開いて」と言うだけで「タクシーを呼びますか?」と応答する。こちらの場所は「全国タクシー」のアプリから登録済みなので、場所はいわなくてもわかる。
「はい」と私が言うと「タクシーを呼びました。詳細はアプリでご確認ください」という。確認すると「○○タクシーの車番○○○○があと4分で到着します」と表示された。待ち時間が表示されると、とてもありがたい。「まもなく到着です」と表示されたとき、外に出て到着を待った。すると1分以内にタクシーがやってきた。
なんて快適なんだ。これからはタクシー手配もアレクサに任せよう。

以下、タクシードライバーとの一問一答。

武沢:アプリで呼ばれることは日に何回くらいありますか?
タクシー:以前は1~2件でしたが、最近は3~4件に増えてきました
武:どのようなタクシー会社が登録していますか?
タ:名古屋ですと弊社(名鉄タクシー)やツバメタクシー、フジタクシーなど比較的車両台数が多いところですね。
武:雨の日など、電話しても出てくれないことがありますが「全国タクシー」では応答しないということはありますか?
タ:いまのところそういう話は聞いていません。お電話よりは確実に予約できると思います。
武:今日、私はアプリではなくAI スピーカーの「全国タクシー」スキルでタクシーをお願いしました。
タ:あ、そのスピーカーなら先日テレビで見ました。話せば応答してくれるやつですね。それをつかって呼ばれたのは今日が初めてです。

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - ★ 1.テーマ別, その他