Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

【PR】ドイツ人技師をうならせ続けた日本人コンサルタントの秘密

   

すごい技術者がいる。全国レベルで有名な方とはいえないが、ご自身のことを「昭和28才」と称する好奇心一杯のワカモノだ。
オムロン在職中にトヨタ生産方式に精通。2000年に転職されてからはドイツを中心にヨーロッパ諸国を現場指導してまわる日々が始まる
2006年に独立してからも一年の大半をドイツでコンサルティングする日々を送る。

その人の名は松田龍太郎さん。

国内外あわせて延べ70社以上、210工場以上の現場改善をコンサルティングされてきた松田さんだが、ポリシーは楽しく、わかりやすく、やさしく、しかも奥深いこと。

こんなエピソードがある。

ドイツ赴任当時は誇り高きゲルマンの技術者がなかなか日本人から学ぼうとしない。
ドイツ人相手にコンサルティングの仕事をしてご飯を食べるためには圧倒的な情熱と、最後にはジョークと笑いしかない、と松田さんは自らをショービジネスのパフォーマーと位置づけた。
ものづくりに関する深い造詣をベースに、表面は熱いパフォーマーを装うことでドイツ人の心をつかんでいった。
「コンサルタントは、エンターテイナーでもあるべき」と松田さん。

サッカー大国ドイツにちなんで現場指導時にはイエローとレッドのカードのほかにグリーンのカードもつくった。「すばらしい!」という意味である。言葉は通じなくてもカードや仕草、表情は確実に伝わる。こうしてドイツ人技師の心をつかみ20年近くにわたって指導を続けてこられた。

そんな松田さんが毎週一回発信してきたコラムが冊子になった。
タイトルは

「がんばれ上司!現場改善の応援コラム」(全89話)

という。

・部下に自分の考えを伝えたい
・もっと作業のムダを省きたい

など、さまざまな課題や悩みを抱える上司。問題がひとつもなくなることなどない。だが、問題を改善できないとストレスにもなる。

「がんばれ上司!現場改善の応援コラム」には松田さんのコンサルティングのエッセンスが詰まっている。
現場の問題や悩みを解決するメソッドがコラム形式で紹介したものがこのコラム集なのだ。
作業環境の改善から品質管理、部下との人間関係など多岐にわたるテーマをイラストや事例付きでわかりやすく解説してくれる。

購入者はデータを CD またはデータ宅ファイル便のいずれかで受け取れる。
全89話のボリュームがあって3,980円(税込、送料込み)はとてもお値打ちだ。

事例は製造現場中心だが、業種業態の垣根をこえてためになる。
この機会に上司であるあなたは是非入手しよう。

★「がんばれ上司!現場改善の応援コラム」(全89話)
→ http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=5362

★松田龍太郎さん公式サイト → http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=5363

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - PR(武沢おすすめ広告)