Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

【PR】イマ、中小企業が目指すべき経営

   

日本人の給料は、かつて世界のトップクラスだった。家賃も物価も高く、住みにくい街とも言われていた。だが今では給料が諸外国に追い抜かれ「日本人はお値打ち」とまで言われるようになった。
結果的にはそれが労働分配率の低下にもつながったわけで、高過ぎた日本企業の労働分配率が適正な値に是正されたのである。

だが、ここにきて景気も雇用動向も改善され、久しぶりに賃金も物価も上昇基調にある。そうなってくると経営者はふたたび労働分配率に目を配る必要がでてくる。

労働分配率とは、限界利益に占める人件費(役員報酬含む)の割合のことで、これが50%前後に収まっていることが望ましいといわれている。
問題なのは、労働分配率が結果として計算されているだけの現状だ。
一年が終わって「前期の労働分配率は55%でした」と報告される会社が実に多い。

「今年、我が社は労働分配率を55%にします。そのためにはこのような管理を行います」という会社は少ない。
その理由は、労働分配率の先行管理の方法が分からないからである。
社員の給料やボーナスを成果にあわせて変動させる方法をマスターすれば、むしろこちらの方が社員を育成する観点からも優れていることがわかる。

そのやり方を学ぶこちらのセミナーは要チェック。(武沢)↓

↓     ↓     ↓     ↓     ↓

\  日経新聞朝刊にも掲載されました!  /
_┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓_
\┃    人を育て利益を生む「労働分配率経営」セミナー    ┃/
/┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
 ̄ ̄                              ̄ ̄
~ 人財が育つ!辞めない!集まる!4つの仕組み ~

社長、このような悩みをお持ちではないですか?
------------------------------------------------------------
□ 採用しても、なかなか社員が【育たない】【育てられない】
□ ようやく一人前になったと思った途端に【辞めてしまう】
□ コストをかけても、【人が集まらない】【良い人材が来ない】
□ 長年連れ添った幹部・役員に【逃げられた】
------------------------------------------------------------

▼ たったの3時間で30年におよぶ実践・研究で培った
成果実証済みの経営ノウハウが学べます!
http://www.nbc-consul.co.jp/seminar/more.asp?ID=726&rid=ganbare0726
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イマ、中小企業が目指すべき経営とは
----------------------------------------------
~ 善循環を生み出す【減収・増益・昇給経営】 ~
----------------------------------------------

NBCコンサルタンツ株式会社
専務取締役 紅本亘

これからの時代、
市場が拡大し、売上も拡大し続けることが前提にないことは、
多くの方がご承知のことと思います

しかしながら、そのような状況においても、
社員の昇給という難題は常に隣り合わせ……。

昇給できない、給与が上がる未来が描けない企業は、
人材流出と採用難が引き起こす負のスパイラルから
抜け出すことができないでしょう。

【社員の昇給】は絶対命題だが、
原資を確保するため【増益】も絶対要件。

この難解な方程式を解く公式が、
労働分配率を活用した「減収・増益・昇給経営」であり、
中小企業が目指すべき理想の経営です。

労働分配率を“適切に”活用すれば、
社員が知恵を出し、自ら利益=昇給原資を積み上げ、
希望する給与を支払えるようになります。

そうすれば、人材の【成長】【定着】はもちろんのこと、
優秀な人材を新たに【採用】することもできるでしょう。

このような経営の善循環を生み出すことが、
今の時代に適応した、
中小企業が目指すべき理想の経営と呼べるのではないでしょうか?

労働分配率の“適切な活用法”を
知りたい・学びたいという方は、ぜひご参加ください。

▼ 7/6[木]~全国各地で開催スタート!
http://www.nbc-consul.co.jp/seminar/more.asp?ID=726&rid=ganbare0726
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人財が【育つ】【辞めない】【集まる】
そのために必要な、4つの仕組みとは?

1┃情報公開:経営判断は社員が行う!
━┛---------------------------------
経営データを開示し、意思決定のために必要な情報を共有。
経営危機に陥ってから、危機感を植え付けるのでは手遅れ!

2┃評価制度:社員が給与を決める!?評価制度の科学
━┛-----------------------------------------------
納得性の高い公平な評価制度が社員を自立させ、
社員の知恵で利益を出す!

3┃組織構築:全員参加型経営!ミニ経営者の育て方
━┛---------------------------------------------
社員が100人いれば、100人が経営者意識を持つ。
社長不在でも、管理しなくても自走する組織のつくり方!

4┃人財育成:事業の成功はアイデアではなく社員で決まる!
━┛-----------------------------------------------------
社員の働く意欲を最大限に引き上げ、
発揮されていない社員の潜在的な能力を発揮させる!

▼ ジンザイを財産のような人財に育成する秘訣を公開します
http://www.nbc-consul.co.jp/seminar/more.asp?ID=726&rid=ganbare0726
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - PR(武沢おすすめ広告)