Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

目ざせ!自己資金30倍。これなら可能

   

昨日から「資金30倍増講座」in 東京が始まりました。

新宿で開催された昨夜は第一講として「資金が増える脱常識の心構え」がテーマ。講師は NBC コンサルタンツの野呂 敏彦社長にお願いし、受講者12名全員が2時間、ビッチリ資金問題と向かい合いました。

冒頭、野呂社長は受講者にこう訴えます。

「売上をあげるのが社長の仕事なら、資金を増やすのは経営者の仕事です。皆さま方は、ひょっとして社長の仕事ばっかりしてませんか?経営者の仕事をきちんとされてますか?資金を残す・増やす方法を知っている必要があるのですが、大多数の方はそれをご存知ない。それが問題なのです。売上や利益の上げ方しかしらない。資金を増やす方法を教える人がいない、というのが今の日本の大問題なのです」

冒頭から野呂社長節全開で、初めての方は圧倒され気味。
しかし、資金改善に興味のない経営者はいません。あわててペンを取り出しメモを始めます。

「お金が増えないのは赤字だからではありませんよ。黒字でも資金が減るのです。売上を伸ばそうとすると、かえって資金が減るのです。なぜなら、こうだからです」とホワイトボードにメカニズムを書く野呂社長。一瞬で納得できるのです。

「だったら企業体質を筋肉質なものにするまでの間(通常3~4年)は売上を追わないこと。むしろ利益率の低い仕事はカットして売上を減らしてください。仮に1割売上を減らしても限界利益率(粗利益率)を1割上げれば、(例:20%→22%にする)トータルの限界利益は変わらない。少ない売上で同じ利益。だったら経費も下げられるので、少ない売上のほうが残る利益や資金は増えるわけです」

そうした講義を聴いて、受講者の顔つきは二つに分かれます。

1.「そうだったのか!」と表情がパッと明るくなる人
2.「なるほどそうかもしれない。でもそんなことがウチの会社にも当てはまるのだろうか?」と怪訝そうな顔つきの人

理屈だけで納得しづらい面もあるので実例がビデオで紹介される。
あるゲームクリエイトスタジオを経営する会社の資金改善事例が報告された。その会社を担当した山崎取締役(女性)がその会社と出会ったときの話をされた。銀行の現預金が70万円しかなく、過去3年間で自己資金が800万円も減って、今月の月末を乗り切れる自信がないという状況だった。

そもそも赤字体質な会社なので、売上を伸ばすしかないと社長も奥様も社員も思っていた。そこへ山崎さんが「利益率の低い仕事を断ってください」とアドバイスしたわけだから、「もっとダメになる」と抵抗と反発が大きかった。

議論をするよりもシミュレーションするのが早い。NBC コンサルタンツが開発した「瞬間くん」というクラウドソフトをつかって、資金の現状と、今後打つ手によって資金がどう変化するかをシミュレーションでお見せした。それでもまだ浮かぬ顔をしておられる。

「やらないと何も変わりませんよ。今のままですよ」と説得して、NBC の指導を受け入れてもらった。
その日から利益率改善と運転資金改善、それに無駄の削減に取り組んでもらったそうだ。
するとどうだろう。

半年後、びっくりする結果が出た。営業利益は2,400万円に、自己資金は1,000万円を超えていたのだ。経理担当の奥様は「あれ、通帳のケタが違う」と声をだした。あれだけ月末の最終日には胃がキリキリしていたのがウソのように、「知らぬまに月末が過ぎてる」という感じになった。久しぶりにショッピングに出かけてオシャレを楽しむ余裕もでた。
小さい会社であれば、短期間でこうした劇的な資金改善が可能になる。
もちろん大きい会社でも原理原則は同じだ。

さて、昨夜のセミナーのあとは希望者で懇親会へ。2時間ほど酒を酌みかわしながら議論を深めたわけだが、ありがたいことに、超ご多忙の野呂社長にも22時の閉会までおつきあいいただいた。

次回の第二講は2月10日(金)18時から「資金30倍への手順」と題して資金30倍のための青写真と、具体的な手の打ち方に関する講義を野呂社長からお聞きする。

スポット参加可能で受講費用は3,000円。残り二回のセット受講の場合は4,500円になる。第一講を聞いていなくても大丈夫なので、お気軽にご参加いただきたい。
ちなみに第三講は3月23日(木)「不倒の経営実践編」です。倒産可能性ゼロを目ざした経営を研究する。

資金に余裕のある会社をつくり、余裕のある経営者人生をおくりましょう。それには、実践者から学ぶのが一番だと思います。

ご参加お待ちしています→ http://www.e-comon.co.jp/session/?p=7265

※「興味はあるのだが日程が合わない」という方は info@e-comon.co.jp
までメールをください。4月以降で同様の企画を検討中です。
優先的にお知らせメールを差し上げます。
メール→ info@e-comon.co.jp  件名「資金30倍講座に興味あり」。
本文にはお名前と連絡先メルアドをお書きください。

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - ★ 1.テーマ別, その他