Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

採用のリードタイム短縮で競争優位に

      2017/12/05

スピードの時代と言われるようになって久しいが、最近はハイスピードが当たり前になって、ことさら「スピード」を強調することはなくなりつつあるようだ。

採用もスピードが命。「人を新たに採用したい」と思い、動きはじめてから実際に採用できるまで、あなたの会社では何週間/何カ月かかっているだろうか。

4年前に創業50周年をむかえた総合広告代理店の東急エージェンシーでは、従来、採用には3~4カ月ほどの時間がかかっていたという。「え、そんなにかかるの?」と思われるかもしれないが、求める人材が高難度であれば3~4カ月でも早いほうかもしれない。営業や事務の欠員補充なら採用しやすいが、人材に期待する要件が高まってきている。たとえば、デジタル事情に精通し、海外広告案件もこなせる人材となるとハードルは一気に上がる。

その反面で、業務のスピードは上がっている。新しいプロジェクトが立ち上がって実際に動きはじめるまでに1~2カ月。その期間に新しい人材が採れなければプロジェクトが滞る。熾烈なスピード競争下にあってプロジェクトの停滞は業績を直接左右する問題だ。つまり、高難度人材の採用もスピード勝負なのである。

そんなとき、従来の求人媒体や紹介会社だけに依存した採用ではなく、直接求人市場に着目するのが賢明だ。東急エージェンシーもそのようにした。直接求人の「ビズリーチ」に相談したのだ。

すると、ビズリーチがすぐに900名のターゲットリストを持参した。そのうちの約半数にアプローチ。それ以外にもデータベースで希望条件を入力し、独自に検索してアプローチした。

そうした結果、希望条件に適う人材を1~2カ月の期間で4名も採用できたという。東急エージェンシーがどのように動いたのか。その詳細はこちらのページで読むことができる。
https://bizreach.biz/contents/testimonial/tokyuagency/?trcd=1GANB0000003_PC_

「ビズリーチって何?」「直接求人ってどういうこと?」というあなたはこちらから資料を取り寄せて研究しよう。(無料)
https://bizreach.biz/download/offer/1/?trcd=1GANB0000003_PC_

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - PR(武沢おすすめ広告)