Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

不敬罪?

      2016/12/27

●ミーティングが始まったのにいつものメンバーがいない。理由を尋ねると「フケイザイに処しました」と社長の説明。
「え、不経済?」
「いや不敬罪です。不敬罪を適応して彼を降格し、代わりのスタッフを昇格させました」
「何があったのですか?」
「社長の前で堂々と、”私はアップルの人間ではない”と言った。究極の不敬です」

●意味が分からないので休憩のとき、他のメンバーに聞いてみた。
すると、アップル社の新サービスについて社長がそのスタッフに質問したらしい。ネット部門の担当なので、社長からかなり突っ込んだ質問があったようで、最後には「どうしてアップルはそのサービスをいまだに始めないの?」と社長が聞いた。社長としては、今後の見通しを知りたかったからでもある。ところがそのスタッフは、「私はアップルの人間じゃありませんので、これ以上の事はわかりません」と言ってしまったらしい。
「直接アップルに聞いてみてくれ」とでも言わんばかりの言いぐさを社長は見逃さず、「おい、ちょっと待て!君は何のために今の仕事を担当しているんだ」となった。
フケイザイとは不敬の罪と書く。本来は天皇や皇室などを敬わないときに問われる罪だが、この会社では上司に対しても不敬罪が成立するらしい。

●それにしても「不敬罪」という言葉自体が珍しいし、それが企業の中にあるとは、なおさら珍しい。
そんな古い言葉を聞くと、主従関係にもとづく封建体制を連想してしまう。果たして社員から不満が出ないのか社長に聞いてみた。

●「武沢さん、不敬罪とは言ったって、上司を敬って上司を喜ばせる仕事をする習慣がお客を敬うことになり、しいては仲間や家族や仕事そのものを敬うことになる。そうしたポリシーで当社は運営されている。上司にゴマをすれというのではなく、相手が何を望んでいるのかを正しく理解し、それに応えるために最善を尽くしてほしいということです。それはビジネスの一般常識だし、我が社の経営理念でもあります」と社長。

●なるほど、不敬罪という言葉から想像できるエゴイスティックなものとは違うようだ。
社長の話がつづく。
「もし、彼が一生懸命になって調べてくれたのに結果として分からなかったのならしようがない。ところが今回の彼は、充分に調べもせずに、アップル社の公式ホームページに載っていないからという理由だけで”分からない” を連呼し、そのあげく、アップルの人間じゃない、と開き直った。これは言い逃れというよりは、これ以上私に聞くな!という上司への抗議メッセージでもある。これは職務放棄というものです。彼は以前にも同様の問題で注意を与えていたのにまたやってしまったわけで、教育が行きとどかず残念です」

●いままで私は様々な企業の「不当解雇」「不当降格」という問題を見聞きしてきた。企業が労働法を犯して社員を解雇・降格することは許されない。また、違法ではないものの明らかに不当なことを社員に要求して、社員の雇用や生活の安全を脅かすことも許されるべきではない。

●今回の場合はどうか。
この会社の「不敬罪」のペナルティには、即時解雇、出勤停止、降格、給与の一部カット、始末書という五段階があるらしい。たった一度の発言で、降格処分というのは少々重い気がするが、ここに至るまでの伏線があったともいう。いずれにせよ、この会社のように明確なルールが存在し、それが明文化され、全員にそのルールが周知徹底されていてそれに基づく社員教育もほどこされていたのなら、それを裏切った場合のペナルティは、あってしかるべきだろう。

●この会社では、「不敬罪」に処するかどうかは毎月二回開催される経営会議に諮られて決定する。過去には上司が部下に不敬を働いてしまい、「不敬罪」が適応されたこともあるという。
相手を思いやりながら快適に仕事をするためには、これくらいの厳しいルールがあって良いのかもしれない。

■■■今日のおすすめ情報■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■社長は何をなすべきかを明示した〈不朽の経営バイブル〉
指導先5000社以上、社長の教祖的コンサルタントだった一倉氏が35年の経験を命懸けで説いた、経営の真髄と戦略を凝縮した貴重な一冊。発刊以来、全国の経
営者から「まさに目からウロコが落ちた」と指名買いが続くベストセラー書。 ユニクロ柳井社長も絶賛。
http://www.jmca.net/books/kokoroe/kk.php?&id=297
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<9月開講! 「がんばれ!社長の本気講座」>

★「がんばれ!社長 本気講座」(本気になれる、元気が湧く経営講座)
東京・大阪・名古屋で開催、受講者募集↓

経営セミナーシリーズ

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■夏だ!あなたも「がんばれ!社長」に広告を出しビジネスを拡大しよう
――――――――――――――――――――――――――――――――――
夏のモニター特価キャンペーン(10%off)開催中 ※初掲載の広告主限定

<3回掲載でこのお値段>
ヘッダー広告  47,520円 記事中広告 25,920円
フッタ広告   10,584円

<ご予算があればこちらがオススメ>
号外広告(通常号外  205,200円、簡易号外 97,200円)は1回配信

※料金はいずれも税込価格
※「通常号外」は早朝配信、「簡易号外」は夕方配信
※「号外広告」は貴社独占広告ですので、最も効果が高くお勧めです。
また「号外広告」は、全面的に武沢が執筆いたします。御社の製品サービスを告知したHPアドレスと訴求点をメールでお知らせ下さい
※どうしてよいか分からないという方は広告事務局までお問い合わせを。会社名、担当者名、リンク予定URL、掲載ご希望日などを記入の上、メールをお送りく
ださい。
★詳細説明→ http://www.e-comon.co.jp/koukoku/
ご希望の方には見積書、提案書、メディアガイドをお送りします。
★連絡先:info@e-comon.co.jp、電話 052-968-2082(広告担当まで)
★がんばれ社長!広告とは ⇒ http://e-comon.jp/ad/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
このメールマガジンは「元気が出る社長メルマガ」をスローガンに毎日配信しています。よろしければ、お知り合いの方々にも是非転送して教えてあげて下さい。
【発行者】有限会社がんばれ社長 代表取締役 武沢 信行
〒460-0002   名古屋市中区丸の内3-15-20 丸の内三幸ビル3階
【メルマガ登録・解除】 http://www.e-comon.co.jp/session/?page_id=3094
または、 info@e-comon.co.jp宛てに登録・解除依頼メールをお送り下さい

【公式ホームページ】 http://www.e-comon.co.jp/
【メルマガバックナンバーを見る】 http://e-comon.jp
【「がんばれ!社長」の通販サイト】 http://ganbare.pk.shopserve.jp/
【武澤 信行の電子小説シリーズ】 http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4214
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<今朝の号外広告はこれでした>

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
【ビジネスマンの悩み】 迷惑メールで受信トレイが一杯に・・・
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
迷惑メールで受信トレイが一杯に・・・
でも、処理に時間をかけたくない。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
≪ Gmail ≫ を活用して、迷惑メールを徹底排除!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪ Gmail for Business ≫なら・・・

●迷惑メールフィルタで無駄なメール閲覧時間を徹底排除
●外出先でも携帯・タブレットから確認可能。
●容量は業界平均約50倍の【25GB】
────────────────────────────────
▼▼▼ Google Apps のサービスをお試しください。 ▼▼▼

↓↓↓30 日間の無料試用はこちらから↓↓↓
http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=3268
────────────────────────────────
続きは今朝の号外広告を!

【編集後記】

◆久しぶりに見ましたが、指を舐めてお札を数えるのはやめてほしいな。タクシー会社ではそういう教育をしないのだろうか。子供の頃はそういうおじさんがかなりいたけど。

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - ★ 1.テーマ別, その他