Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

求む!サービス業。タイ語可

      2016/04/28

昨日「なでしこジャパン」の顔でもあった澤穂希(さわ ほまれ)選手が引退を発表し、今朝の新聞でも大きく取り上げられていた。今後は「なでしこジャパン」のプレイヤーとしてではなく、五輪や女子サッカー全体のために仕事をされる予定だという。

「なでしこ」という言葉、女子サッカーのおかげで一気に有名な単語になったが、サッカーだけの専売特許ではない。ビジネスにも世界に誇れる「なでしこ」たちが沢山いる。今日はそのうちのお一人を紹介してみたいと思う。

 

子どものころから春休みや夏休みをつかって家族といろんな国に行った。ニュージーラーンドまで二週間の交換留学を経験したこともある。そんな少女は、いつしか自然に「外国で暮らしたい」と思うようになった。
少女は成長し高校3年生になった。進路選択で地元(兵庫県姫路市)の大学に進学することも考えた。だけど、勉強したいことがないのに4年間も大学に通うなんてできないと思った。

「海外に語学留学したい」、両親にそう打ちあけた。
両親は「語学は早い方がいいよ」と娘の背中を押してくれた。「どこにするの?」と聞かれた。
「行ったことのない知らない国にしたい」と彼女。欧米ではなく、最初からアジアと決めていた。中国や韓国には何度も行っていたので、おのずと東南アジアに絞られた。
東南アジアはおもしろい」、会社を経営している父もそう言ってくれた。

父のすすめでシンガポールとタイに卒業旅行することにした。そのとき感じたことは、シンガポールはすでに完成された国。それにひきかえタイは未完成。貧困問題などの影の部分もあるが、途上国としての勢いが街全体にあった。それに「ほほ笑みの国」といわれるだけあって、誰もが優しそうだった。

「この街、面白い。ここに決めた!」とタイにした。
両親もタイを見に来た。2001年3月のことである。語学留学とはいっても、卒業して日本に戻るつもりはない。学んだ語学を活かし、タイで仕事をするつもりだった。そのためには、タイ語を完璧に話し、書き、読むことができるようにしたい。彼女はタイの大学にあるタイ語コースに入学し、9ヶ月間勉強漬けの日々を過ごした。そのおかげで、1年後にはタイ語が完ぺきにきるようになった。

彼女の名は幸長加奈子(ゆきなが かなこ)さん。

先週(12/11)に開催した「がんばれ!社長」の経営計画講座 in バンコクにも参加してくれた。2年前にも一度お目にかかっている。

話をもどす。
18歳の幸長さんはバンコクでの日常生活にも慣れてきた。言葉もできる。今度は猛烈に働きたいと思うようになった。だが、どうやって仕事を見つけるのか分からない。とりあえず、インターネットのビジネス掲示板に書き込みをして自分をアピールすることにした。

「求む。サービス業。タイ語可」 反応を待った。

数日後、日本のアパレル会社から変わったオファーが舞い込んだ。Tシャツやアクセサリーを作ってくれという。要するに受託生産である。T シャツであれば数千枚、アクセサリーであれば何百個単位のまとまって注文が出せるという。当時、日本はペットブームで、ペット向けの衣料や小物の製造依頼も多かった。

「やってみよう」彼女は引きうけることにした。
注文をこなすためには、生地をさがし、工場をさがし、職人さんに指示を出し、品質管理と納期管理をせねばならない。あちこちさがしてまわり生地を売っている店や、縫製してくれる工場を見つけては得意のタイ語で交渉した。路地裏に入って行って、タイ人の職人や工場主と直に交渉した。

大変な仕事ではあったが、夢中でこなした。彼女はその仕事を5年ほど続けた。その後、製造業をタイで立ち上げる会社の設立に参画し、社長の右腕となって3年間働いた。そのときである。今の「ニューエラー・インターナショナル」(New-Era International Co.,Ltd)を設立する出会いが生まれた。

日本にあるニューエラー社の会長から「ぜひタイの新会社の社長をやってほしい」というオファーを受けたのである。2009年のことだった。「やってみよう」と決心した。

ニューエラー社は中古自動車の補修部品を製造する会社。爆発的に車が売れているタイでは、まだまだ中古車の需要が旺盛だ。古くなった車を快適に動かすためのパーツを作っているのがニューエラー社だった。

姫路生まれの「なでしこ」がバンコク郊外の工業団地にある自動車部品製造会社の社長になった。4年後の2013年には二社目の会社「 Y global Co.,Ltd.」を設立。健康関連事業にも進出した。多忙を極める日々が始まったが、キャリア志向の仕事人間になるつもりはない。休日には友人と海で潜るのが楽しみ。「どんな会社を作りたいの?」と尋ねられたら、「タイ人社員たちと家族のように信頼し合える会社をつくること」と答える幸長さん。

12月11日 NHKBS 放送をご覧になった方も多いと思うが、幸長さんが『世界で花咲け!なでしこたち タイ よみがえれ中古車!』で紹介された。

 

「幸長さん、今夜放送がある日だよね。懇親会に参加していていいの?」と私が尋ねた。12月11日は、「がんばれ!社長の経営計画講座 in バンコク」が開催されていた。奇しくも放送日と重なってしまった。

「武沢先生、テレビ放送はあとからでもみられます。でも先生とお会いできるのは今日しかありません」と彼女。筋の通し方がわかりやすい。
最近、婚約も発表され公私ともに充実しておられるが、ご本人いわく「まだまだこれからです」とのこと。

将来楽しみな「なでしこ」がここにもいた。

NHKBS1「世界で花咲け なでしこたち」(幸長加奈子さん編)
http://www.nhk.or.jp/asia-nadeshiko/4_part04/index.html

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - 2.顧客創造、マーケティング, ★ 1.テーマ別