Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

だから失敗する人材採用

      2017/12/05

今年話題になった本に『ワーク・ルールズ!』(ラズロ・ボック著、東洋経済)がある。Google 本社の人事責任者が同社の採用・教育・評価について初めて詳しく語ってくれた。ここまで採用にこだわるのか、と私も感心して読んだ。もちろん日本の Googleも採用には力を入れていて、こうしたホームページまで作っている。前もって採用プロセスを公開し、透明度の高い採用を目ざしていることが伝わってくる。
http://www.google.co.jp/intl/ja/about/careers/lifeatgoogle/hiringprocess/

技術力や開発力、販売力などが企業の業績を左右するが、その根底にあるのは採用力である。欠員が出たから欠員補充するのとは違って、自社の事業計画を遂行するにふさわしいタレントを採用するには、従来と同じ発想で求人誌に広告出稿しているだけでは後手をふむ。

採用力を高める工夫をしよう。それにはこういうやり方↓を研究する必要があるだろう。(武沢)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「人が足りない!」

そう思って採用活動に力を入れるものの、自社にあった魅力的な人材を獲得するのは難しい。

それもそのハズ。優秀な人材はどの企業も欲しがっています。企業は顧客に自社の強みを押し出すだけでなく、求職者にも他社との違いをアピールしていく必要があるのです。

ここで考えなくてはならないのは、「優秀な人材が大事にしていることは何なのか?」ということです。
給料、やりがい、職場の設備、などなど。労働者が会社に求めるものは色々ありますが、優秀な人材が最も求めているのは何か分かりますか?

それは・・・

その企業で働く「人」です。どんなに好待遇で、ブランドのある企業でも、面接官に魅力を感じなければ、優秀な人材はその企業を選ばないでしょう。

ここを間違えてしまうと、人材採用は失敗します。

人材採用で成功するためにはどうすれば良いのか?今回この課題に答えるべく、分かりやすい資料を作成致しました。

無料でダウンロードできますので、ご興味をお持ちの方はぜひご一読下さい。

▼詳細・ダウンロードはコチラ▼
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=MVX4LBZY&ai=shacho1

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - PR(武沢おすすめ広告)