Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

社員が10人越えたら ”全員営業”

      2017/12/05

今日は、ちまたで話題のビジネス書『中小企業のための "全員営業"のやり方』(総合法令出版)の著者・辻伸一さんからあなたにお知らせがある。社員を増やすことなく、今の商品・サービスを変えることなく、しかも残業時間を増やさずに、売上げを伸ばしたいとお考えの経営者にうってつけのセミナーである。

”全員営業”を検討すべきなのは、社員数10名前後、あるいは営業社員が10名前後の中小企業だと辻さん。そういった会社が“全員営業”を実践すると次のような結果を目指すことができるという。

・ある専門商社では、1年で年商96億円UP
・ある機械設備サービス業では、年商16億円が37億円へ
・ある建設・不動産業では、年商38億円が84億円へ
・ある業務食品卸売業では、年商42億円が109億円へ
・ある電子部品メーカーでは、年商95億円が159億編へ
(※辻さんの書籍より)

人も増やさず、商品も変えずにどうしてそんな劇的な効果が出るのかは辻さんのこちらの著書に詳しい。
『中小企業のための"全員営業"のやり方』(辻 伸一著)
http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4419

社長がトップセールスマンの時には面白いように伸びていた業績。「これはイケル」と営業部をつくり、営業マンを採用し、組織を作り始めると途端に業績にブレーキがかかる。社長というトップセールスマンの存在を失ったからだ。では、どうすべきか。社長が現役復帰すべきなのか。そうではない。こういうやり方↓があるのだ。

・・・
「がんばれ社長!」をお読みの皆さま、こんにちは、辻経営の辻伸一です。
自営業から中小企業へと成長する過程で、幾つかの分岐点があります。その一番最初の分岐点が、社員10人です。社員が10人を越えると、やり方次第では、社長がいままでのように現場にべったり出なくても会社が回っていくようになります。その反面、社員が4~5人だった時は、社長の自分さえがんばれば、なんとかなった会社の業績が、自分一人では支えきれなくなってきます。どんなに優秀な営業マンでも、普通の営業マン×10人分の売上を常に続けるのは難しいからです。また、その規模になると営業にまったく貢献しない事務作業だけ行う社員が増えることになり、下手をすると人件費増で赤字転落します。

「うちの規模や人材では全員営業なんてムリ」と卑下する社長もいますが、中小企業こそ全員が戦力にならないと利益はでません。また、企業規模が10人を超えてくると組織が必要になり、トップ営業マンがマネージャーを兼ねるようになります。最も優秀な営業マンが部下をもつ立場になると、その分だけ営業パワーが落ちるのは当然のことです。

組織が20人~30人規模となってから、全員に営業マインドを行き渡らせるよりも、社長の目が隅々まで届く10人規模の段階から、全員がお客様作りに貢献する会社作りに取り掛かることが大切です。会社をこれから発展させ、10人から15人、20人、あるいは30人以上の規模にしたい、もしくは願望や計画がある社長は、全員営業のことを理解するだけでも、随分その後の経営が違ってきます。

以前、1年ほどお手伝いした会社がありました。営業関連の人員が10数名以上となり、社長は、むやみに規模や人数を追うのは考えていないが、将来に向けて営業組織と会社経営の強化を、今の段階からやっていきたいというのが理由でした。

それから数年たち、どうなったか?

今年見事に株式上場されました。

同じ施策であっても、会社が大きくなってからではなく、他社より一歩先手を打つことが、どんなに重要かを示すと共に、全員営業の持つ可能性とは、どれくらいあるかの証拠といえるのではないでしょうか?

・・・

全員営業を詳しく学び実践したい方は、11月と1月に開催される辻さんのセミナーを受講しよう。本では書ききれなかった、“全員営業”導入の実務や、生々しい事例がタップリ聞けるそうで大変お得である。

特に次のことに興味がある方には強くおすすめしたい。

・人手を増やさずに、残業も増えずに、営業力が上がる
・がんばるよりも、やることをやれば売上があがる会社に変わる
・顧客接点が強化され、値下げや無理難題を言われなくなる
・営業の仕組み化により、担当者が交代してもお客が流出しなくなる
・営業活動や教育指導の体系化により、新しい社員が早くに育つ
・お客作りと社内業務の整備により、世代交代の後も業績が継続
・全員に営業マインドが浸透し、お客作りを意識した仕事をし始める

辻経営主催セミナー
『すべての部門・すべての社員を営業戦力化する「全員営業」の実践法』

・2015年11月19日(木)
・2016年  1月26日(火)

いずれも同じ内容なのでどちらかをお選びください。場所は「東京国際フォーラム」。

詳細・申込みはこちら⇒ http://e-comon.co.jp/pv.php?lid=4418

※なんと内容に不満があったときには【全額返金保証】付きセミナー

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - PR(武沢おすすめ広告)