Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

今日から新パソコン

      2016/10/06

●二年前、ソニーさんのご厚意でソニー・バイオタイプ「G」を無期限・無償貸与いただいて以来、毎日バイオを使ってきた。

それまでは、二台続けて(IBM)シンクパッドを使ってきたが、ソニーさんからのありがたいオファーなので、不慣れなタッチパッドのパソコンに挑んでみた。これが実によいパソコンだった。

最初の一ヶ月はタッチパッドの誤作動があったりして不便さを感じたこともあるが、操作に慣れてしまえばタイプ「G」の軽さと薄さ、バッテリーのタフさには惚れ惚れし、手放せなくなってしまった。
あまりに軽いので、カバンにパソコンを入れていることを忘れてしまうほどだ。

●「G」はモバイルビジネスに特化したパソコンとしていぶし銀のような働きをしてくれたが、2年間毎日タフに使ってくるとさすがに疲れが目立ち始めた。
まだ十分に使えるうちにエースの座を降りていただき、サブに回る。

●次のエースは君だ↓。

★パナソニック レッツノートF8
http://panasonic.jp/pc/products/f8e/index.html

●「F8」は今までの「G」に比べて二回りは大きい。キーボードのピッチも広すぎて手が疲れそうだが、最大の魅力はレッツノートの中で一番早いCPUであり、大画面である点。
それに取っ手もついていて、移動が多く荷物も多い私にとっては何かと重宝しそう。

マイレッツ倶楽部でカラー天板(キュリオスピンク)のものを買った。
追加メモリーもフルに付けて、お値段は31.5万円になったので経費で落とせない。そのあたり、もうちょっと上手な値付けができないものかと思うが。

●F8の重さは1.6キロと軽いがいままでの「G」よりは重い。それに、カバンに入れると意外にかさばる。「F8」よりも小型軽量の「W8」も最後まで候補に残ったが、やはり大画面の魅力とCPUの早さの前に屈したカタチだ。

●レッツノート製品を選んだ理由のなかでも大きなポイントになったのは、Windows XP へのダウングレードサービスに対応していたこと。
Vistaパソコンがオフィスに一台あるが、私はいまだに馴染めず、XPモデルを探した。

●パソコンを新しくしたついでにソフトもいろいろ変えてみた。
MSオフィス製品を2007モデルに全面移行し、ブラウザーもグーグル社のクロームにした。

ブラウザなんてホームページを表示するだけだからどのブラウザでも一緒だと思っていたが、とんでもない。
ブラウザによってはこんなにも操作性が違うのかとビックリしてしまう。
クロームは検索もURL入力もワンボックスで使える点や、お気に入りの管理法などとても洗練された使い心地で良い。

http://www.google.co.jp/chrome

もうスレイプニルには戻れそうもない。

●今回、レッツノート「F8」に有償3年サポートを付けてもらったが、今度も二年後の2010年あたりに買い換えるつもりだ。

その間にハード・ソフトはどれだけ進化するか、そして私の仕事はどうなっているのか、楽しみは尽きない。

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - ★ 1.テーマ別, その他, 未分類