Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

P君解雇問題を問う

      2016/05/12

Evernote 社 はシリコンバレー企業にしては珍しく100年続く企業をめざしている。たえず「出口戦略」を念頭におくベンチャー企業が多いなか、「お客のデータを預かる会社が出口をさがしているようでは安心できない」と CEO のフィル・リービン氏。氏は親日家としても知られ、日本的経営風土とシリコンバレーの合理性の両方を取り入れた経営をめざしている。東日本大震災があった時には Evernoteの日本国内の全ユーザーを一ヶ月間、プレミアム会員に無償アップグレードし連絡網のインフラを提供した。

その Evernote 社の内部規定はいかにもシリコンバレー流の合理的精神に貫かれている。まず、社員の年次有給休暇だが、日本では年間最大20日間などの制限があるが、Evernote 社は「無制限」である。どれだけ休んでも構わない。しかも5連続以上の休暇を取得した社員には1,000ドル支給されるといった休暇取得の支援制度まである。社員に休んでもらいたいと会社は真剣に思っているのだ。「休んでもいいよ」ではなく、「どうか休んでください」とでも言わんばかりである。

Evernote ジャパンの積田マネージャーに「本当にどれだけ休んでも怒られないのですか?」と野暮な質問をしてみた。積田さんは笑いながら「社員それぞれがコミットメントした目標があり、成績不良が続くと解雇されるのを知っているので、意外に休まないものですね。私も以前の職場(マイクロソフト)の時よりかえって休まなくなりました」という。

社員食堂も充実している。栄養バランスを考えた社員向け食堂を常時無料でオープンしている。そのコストは膨大なはずだが、これもよく計算された投資なのである。ランチに外出して往復60分きっちり休みを取るよりは、社内の食堂でストレスも時間もお金もフリーで済ませた方が好都合というわけだ。ランチタイムは10分で充分。浮いた時間に仕事をやろう。

ルールでしばるより、会社と社員の関係はこうしたフェアな関係が望ましい。

さて、先週金曜日号でご紹介した P 君の解雇問題について、あなたの考えをアンケートで伺った。典型的な温情主義ともいえるこの例題企業が成績不良者の P君をどう処遇すればよいのか。

アンケート回答者は18名で、解雇すべきかすべきでないかの意見がまったく拮抗した。

・解雇やむなし   6名(33.3%)
・解雇すべきでない 4名(22.2%)
・様子を見るべき 5名(27.8%)
・その他     3名(16.7%)

寄せられた声を紹介しよう。

「解雇やむなし」派の意見

・P君を解雇するかどうかの判断に当たっては、P君の家族の事情は考慮すべきではないと考えます。会社側で考えられる手を打ってそれでも改善されない場合には、会社や他の従業員のことも考えると、解雇やむなしではないでしょうか。ただし社長が一個人として、採用した責任も踏まえて、次の職場探しに協力してあげることは「有り」だと思います。
・総務部長の仰ることは解りますが、仕事はえり好みしなければ、何でもあると思いますし、今後給料が上がる見込みがないのに、引っ張る方が、タメにならないと思います。(現状女性より低いとのことです)ボランティアではありませんし、できない人(著しく)を遊ばせておく余裕もありません。本人が努力し、成長が見込めるのであれば、根気よく指導するのは当然ですが、10年間変わらないうえに報連相すらできません。遅刻も多く、発作とはいえ病欠も多い。急な病欠や報連相の不備より、客先にご迷惑をかけており、十二分に解雇する理由になると思いますがいかがでしょうか。我々一般のサラリーマンには野球選手のような戦力外通告はできないのでしょうか。
・最終的には解雇で良いが、そのプロセスが重要だと思います。就業規則どおりに段階を踏んでの書面による通知があれば良いです。その処分の過程も他の社員およびPさんの家族にも分かるようにするべきです。総務部長の言う、家族うんぬんは毎月家族手当等で報いているはず。本人の出来不出来とは切り離して考えるべきです。このような考えであれば、奥様とは言え、総務部長としての適性を考えるべきでしょう。その前に奥様の意見で揺れ動いてしまう社長は、実に不甲斐ない。経営者として自分の考えを整理すべきですし、総務部長の任命責任を問われるべきです。常務以下の幹部社員はその社長に気づいており、イライラしているはずです。

「解雇すべきでない」派、「様子を見るべき」派、「その他」派のご意見は明日にさせていただきます。

先にアンケートの景品当選者を発表します。

・「経営力強靱化計画」にある資料の一点プレゼント 2名様
当選:M 様  mzn で始まるメールアドレスの方
当選:T 様  yiu で始まるメールアドレスの方

・2/28or3/1東京ドーム巨人vsヤクルト オープン戦自由席
ペアチケット1名様(券売場でアップグレード可)
当選:中嶋様 Ma.で始まるメールアドレスの方

当選された方々には事務局よりメールにてご連絡さし上げます。

<明日につづく>

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - 3.人事労務組織, 4.経営管理, ★ 1.テーマ別