Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

「直接採用」で人材確保競争を勝ち抜こう!

      2017/12/05

転職情報誌であなたの会社を見つけて応募する人は、どの程度本気で働きたいと思っているだろうか。「是非とも!」と心から思っている人は少数派で、多くは「ダメだったら他を当たろう」と考えていてもおかしくない。

人材側からみてもそれは同じで、「この会社はどの程度の本気さで私に入社してもらいたいと思っているのだろう」という懸念はぬぐえないはずだ。

そうした互いの疑心暗鬼が採用のミスマッチに発展する。

「なんだ、思ったほどの人材(会社)じゃないな」とすぐに失望することもある。試用期間中であれば、どちらかから契約を破棄できるとはいえ、他の人材(会社)を断ったという事実と時間は取り返せない。

人材紹介を介して人材と会社とが出会うことを「間接求人」という。一方、会社が直接人材にアプローチし、面会を重ねながら採用に至ることを「直接求人」という。これまで日本には直接求人といえば縁故募集ぐらいしかなかったが、インターネットを使って直接求人ができる人材データベースができた。それが 2009年にスタートした「ビズリーチ」である。

世の中には、あなたの会社で働きたいと心から思っている人が必ずいる。また、世の中には、あなたに働いてもらいたいと思っている会社が必ずある。問題はそれが双方に認知されているか否か、だけである。それをインターネットのデータベースでマッチングするのが「ビズリーチ」なのだ。

ビズリーチを創業した南壮一郎社長が書いた「人材獲得競争の勝ち方」というレポートがある。これは、月刊『人事マネジメント』2014年 10月号に掲載された記事の元原稿で、同社のサイトで PDF ファイルとして公開中だ。人材獲得の目的や手段に応じて採用ツールを上手に使い分けることの大切さを説いており、新時代にふさわしい採用戦略と戦術が分かる。

従来と同じような採用しかできない会社は、やがて少子化にともなう人口減社会のなかで人材難企業として淘汰されていくだろう。反対に採用力の高い会社になることを企業の重点戦略に据えている会社の未来は明るいはずだ。

採用に新しい視点と希望をもたらしてくれるこちらの資料をあなたもダウンロードし、お読みいただきたい。

★「人材獲得競争の勝ち方」(ビズリーチ社長・南壮一郎 著)
http://goo.gl/CIeAOK

LINEで送る
Pocket

あなたにおすすめの記事

 - PR(武沢おすすめ広告)