Best of がんばれ!社長  武沢 信行

ベストオブがんばれ社長!社長・経営者を応援する「がんばれ!社長」ベストメッセージ(メルマガ「がんばれ社長!今日のポイント」バックナンバーより選抜公開)

「 研鑽(けんさん) 」 一覧

「進歩するものが千あり、退歩するものが九百九十九ある。それが進歩なのだ」(スイス作家:アミエル)

「デキる奴は一日になんども目標を新たにする」(武沢 信行)

「創作活動の秘訣? 毎日決まった時間にとにかく机に向かうこと」(ヘミングウエイ)

「人々は驚きを愛する」(米思想家:エマーソン)

「努力はその時の情勢に必要な効力を生んで初めて努力として認められる。努力したが結果は駄目だったでは、努力したことにならない。それは徒労という一種の道楽に終わる」(本田宗一郎)

「忍耐し、時間をかければ、『力』や『怒り』がなす以上のことができる」(仏詩人:ラ・フォンテーヌ)

「一日怠れば我にわかり、二日怠れば人にわかる」(宮本武蔵)

「青年諸君に忠告したいことはつぎの三語につきる。すなわち、働け、もっと働け、あくまで働け」(独政治家・ビスマルク)

「人間は、日常従事している労働のうちに自分の世界観の基礎を求めなくてはならない」(スイスの教育革命家:ペスタロッチ)

「評判より優れた人はいるが、本人の原則より優れた人はいない」(ニコラス・ラテナ)

「人間にとって、『生きる』とは単に存在することではなく、『よく存在する』ことを意味する」(スペイン思想家:オルテーガ・ガセット)

「自分を深く知れば知るほど人は生き生きとしている」(独哲学者:ハイデッガー)

「私は災難の起こるたびに、これをよい機会に、変えようと努力し続けた」(石油王:ロックフェラー)

「仕事というものは結果からいえばその人の生活手段であるが、手段だと思ってその仕事をすることは悪い。仕事は目的である」(志賀直哉)

「今日はあれをやり、明日はこれ、というように、あまり気が散ると、結局どれもものにならないですね」(ノーベル物理学賞受賞者:湯川秀樹)

「過ちを犯すことは恥ずべきことではない。むしろ、その過ちがわかったのちも、その過ちをあらためようとしないで、繰り返すのは恥ずかしいことだ」(ルソー)

「仕事をするときには、いつでも、まず第一にもっとも必要なことをしなさい。元気よく、そしてその仕事の主要点から着手しなさい。これが多くの仕事のために時間を得る手段である。それとほとんど同じようによい、第二の手段は、不必要な仕事や努力をすべて避けることである」(スイスの政治家・哲学者:ヒルティ)

「働いたってどうもならんなんてことがあるものか。働き方がわるいだけの話さ」(岸田国士:小説『牛山ホテル』より)

「有能な幹部とは、車を運転しながら同時にタイヤを換えられる人間だ」(GE:ジャックウエルチ)

「バッティングは捨てることを覚えなきゃダメだ。吸収することばかりじゃなくて、人からいろいろなことを聞いても捨てる勇気がなきゃダメなんだ」(読売ジャイアンツ:長嶋茂雄)

「内的な生活をもたない人は、環境の奴隷である」 ( スイス作家:アミエル )

「革命とは車輪を回すことである」(音楽家:イーゴリ・ストラビンスキー)

「刃を研ぐ時間もないほど、忙しくなることはあり得ないし、ガソリンを入れる時間もないほど、運転に忙しいこともあり得ない」(『7つの習慣』作者:スティーブン・コヴィー)

「敵なき者は滅びる」(太陽工業会長:能村龍太郎)

「賞賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。人は立ち止まって賞賛に耳を傾けがちであるが、唯一なすべきことは、賞賛から目をそらし、仕事を続けること。それ以外の方法はない」(アインシュタイン)

「本物のプロフェッショナルなら観客が減ったのを見ただけで、立て直さねば、という気をおこすものだ」(サミー・ディビス.Jr)

「我々が直面している問題には教科書に書いてあるような答えはない。我々は自分達の教科書を毎日書かなくてはならない」(ジャック・ウェルチ)

「少にして学べば則ち壮にして為すことあり、壮にして学べば則ち老いて衰えず、老いて学べば則ち死して朽ちず」(佐藤一斎『言志四録』)

「わが社のもっとも重要な社員20人を取り去れば、まったくつまらない会社になるだろう」(マイクロソフト:ビル・ゲイツ)

「品質とは、顧客がわれわれのもとに戻ってくること、そして製品がわれわれの手に戻ってこないことである」(シーメンスの品質モットー)